10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

786.【逆境】

2012年09月21日
人は、逆境や苦境に立たされると、
その運命を呪ったり、愚痴っぽくなったりする。

「何故???? どうして???」という言葉が、
頭の中を駆け巡り、出口のない思考停止状態に陥る。

一旦、苦難が目の前に横たわったなら、
避けられない状態なら、
もう、それを受け入れる体制を早く整える方が、
解決へ向けての出口をより早く見いだせるかもしれない。

初めの段階は、その状態について
「拒否反応」がある。
しかし、最終的に「受容」という段階に至り、
そこに至って、精神が安定を取り戻す。

受容されるまでは、精神的に苦しい時期を過ごすことになる。

もし、
より早く「受容」という段階に至ることができれば、
苦しみを少しでも軽くすることができると思う。

そのために、普段から死生観をしっかり持つこと、
自分の哲学や宗教をより堅固なものにしておくことが必要だと思う。

人は、逆境からも学ぶことができる。
「何故?どうして?」という疑問を持つよりも、

「このことから、何が学べるのか」
「今後、どういう行動をし、どういう態度をとるのか」
そのような思考体制を持てればいい。

例えば、死を宣告されたとしたら、
「このことから、何が学べるか?」という問いに
「今さら学んでもどうせ死ぬのだ」と諦めの境地に陥るかもしれない。

だからこそ、死生観を持つ必要がある。
例えば宗教では、死んだ後まで続くような人生観を持つことができる。

私は、クリスチャンだが、自分の弱さを知っている。
だからその弱さを主に(ゆだ)ねることで、
神の力により、強くなることができる。

宗教は、慰めであり、湧き上がる力でもある。

宗教が無いのなら、
せめて自分の信じる哲学を極めることが必要だと思う。

どんな人でもいつかは逆境や苦難に遭遇する。
その備えは万全だろうか?


参考ブログ紹介;http://labellavitaet.blog40.fc2.com/blog-entry-1323.html




JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(14) | トラックバック(0)

785.【時とボード】

2012年09月19日
時は、ただひたすら流れ続ける。
人が、進もうが、後退しようが、止まろうが
全く関係ない。

我々は、
まるで時という波間でボードに乗っかってるようだ。

波に乗るやつもいれば、ひたすら()いでいる人もいる。
そして、ただ(ただよ)うだけの人もいる。

さて、自分は、今どういう行動をしているのだろう?

いい波に乗ろうとしても、いい波はとうに過ぎちゃったし。
これからまた、ひたすらいい波を待つのも辛い。

人のボードを(うらや)ましがっても、チェンジできるわけじゃないし。

ときどき、手で漕ぎ、足で漕ぎ、波間にゆれて釣りをしたり、
今、このボードの上で何ができるのかを考えてみよう。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

784.【出逢えたか?】

2012年08月27日
中島みゆきさんの、「糸」という歌がある。
その歌の最後に、このような歌詞がある。

「縦の糸はあなた 横の糸は私
 逢うべき糸に 出逢えることを
 人は 仕合せと呼びます」

本当にそうだな~、と思う。
出逢うべき人とは、誰のことだろう。

それは、自分というものを再確認させてくれる人だったり、
自分のゆくべき道を暗示してくれる人だったり、
いろいろな気付きを与えてくれる人だったりする。

しかし、本当のところ、
それは、きっかけに過ぎない。

自分の人生は、他人任せではないのだから。
自分を再確認するのも、いろいろと気付くのも、
実は、自分自身の責任でしかない。

それでも、やはり、
そのきっかけを与えてくれる人という者がいる。

そのような人に出逢えたら、
やはり、仕合せなことだと思う。








JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

783.【浅い愛】

2012年08月08日
浅い愛は、不安定であるがために、
安定を図るため、それを形や物に求める傾向がある。

目に見えない愛情を形に代えて、
心の安定を図ろうとするつもりなのかもしれない。

たとえば、ある恋人同士は、
「私たちの愛は、本物よね!」
と言いつつ、それを形で示そうと、
二人で誓いの刺青(タトゥー)を入れたりする。

しかし、
形に示そうとする愛自体が、未熟で不安定なために、
大抵は別れる結末となる。

永遠だったはずの愛の形(刺青)だけが、
悲しげに傷跡として残ることになる。


(旧約聖書;サムエル記上4章より)
旧約の民、古代イスラエルの民は、
信仰の象徴であるはずの主の「契約の箱」を、
ただのお守り的に、形だけの信仰で戦いの場に登場させた。

信仰さえあれば、契約の箱があれば、
無敵で、戦いに勝利を治めてきたが、
信仰の無い状態では、契約の箱さえ、無意味だった。

形は、内面に取って変わるものではない。
愛や信仰を、形や物で表わすことはあっても、
形や物が、愛や信仰に代わるわけではない。

浅い愛、浅い信仰は、
とかく形や物にそれを求める傾向がある。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

782.【ショーシャンクの空に】

2012年07月30日
先日、友人の勧めもあって、前々から見たかった映画
「ショーシャンクの空に」を見た。

なかなかいい映画、気持ちがスカーッとした~。

長い苦労が報われると、なんともいい気持ちを感じる。

人は、報われると幸福感が生まれるんだと思った。


じゃー、その逆で、報われないとどうなるのだろう?

現実社会では、報われないことが多いのかもしれないし。

でも、たとえそうだとしても、
報いを信じて日々を生きるということも
人生に充実感を与え得ると思う。

たとえ道半ばで果てようとも。

また、心の捉え方で、報いの意味も違うのかもしれない。
同じような結果であっても
満足して報いを感じる人もおれば、
一向に報われない想いを抱く人もいる。

幸せは、己の心の捉え方でも変わる。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。