08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

776.【潔さ2】

2012年06月12日
今日は、雨。

そんな雨模様の先日、
バイトの帰りに、バイク乗りたての娘が、
スリップして転倒してしまった。

幸いにも、何一つ怪我はない。
しかし、新品のバイクに傷が付いてしまった。

この転倒は、自業自得のスリップ事故だった。

娘は、意気消沈しながらも、
注意深く運転しながら帰途についた。

ところが、今度は左方向から急に車が左折してきて、
進路妨害したために、急ブレーキをかけ、
またまた転倒してしまった。

怪我はかすり傷程度だが、傷ついたバイクが、
さらに傷の上塗りをしてしまった。

飛び出した車は、少し前で止まり、
気にしているようだったが、

意気消沈している所に、度重なる事故で、
気が動転した娘は、その車を無視して
さっさと帰宅してしまった。

私が帰ってきた頃、やっと正気にもどった娘は、
悔し涙を流して訴えてた。

「お父さんのバイク傷つけたけど、
 2回目はその人が明らかに悪いから転倒した、
 だから、バイクの傷全部直してもらえば良かった~!」

と、だけど、初めの事故が自業自得なのに、
その人に、全部負担させるのは、正義じゃないと思った。

だから、
「それは、(いさぎよ)くないから、やめときなさい」と言った。

娘は、その言葉に納得したらしく。
笑顔になった。

大した怪我もなく、いい経験をさせてもらった。



関連記事; 第366話【潔さ】





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
スポンサーサイト
人生の法則 | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
>全部負担させるのは、正義じゃない


一部負担させるなら、それは正義?

人が人を裁き、罪を償わせるのは正義なのだろうか?

社会を一定に保つための仕組みとして、人が人を裁くことが必要だとは思うけど、それは正義とは違うな。


>「それは、潔(いさぎよ)くないから、やめときなさい」


この場合の「それ」は文脈からして「正義ではない」ことだから、「正義ではない=潔くない」となるけど、「潔い=正義」なのか?

過ぎたことにジタバタしないことが、潔いのだと思う。


まあ、正義と言えば格好いいだろけど。


・・・・振り出しに戻る。
No title
とあるシチュエーションを楽しむために「格好よく見せる」のは
別として、精神成熟度を「格好いい様に見せる」のは、潔くない
姿勢だなあ。

精神的成熟度が高いなら「格好よく見せる」必要はなく、ありの
ままで十分に格好いいだろうから。

潔さとは「覆らない現実(現在)が、たとえ正しくないとしても
諦めるのではなく受け入れること」だと思うけど、難しいな。
Re: No title
人間ていいなーと思うところは、
右往左往しながら、迷いながら、ぶつかりながら、
それでも少しずつ自分と言うものを見つける旅を続けているということ。

潔いことも、すんなりとというわけでもないのかもしれない。
人生は、成長過程そのものだから。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。