07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

530.【「考え」と「思い」と「感情」と】

2010年06月07日
「考え」「思い」「感情」は、
どれも人の心の中を表わすものだが、
言葉が違うように、どちらも微妙に違う。

そして、それらは、お互いに影響を与えあっている。

頭の中では、「こう考える」と納得しているつもりでも、
「思い」は、どうも腑に落ちない、完全には納得してない。
そして、その思いにつられて、「感情」が動いたりする。

「考え」は、心の表層にあるものだと思う。
それが、無意識レベルまで浸透すれば、
心の「思い」となる。

潜在意識となった思いは、人の感情を左右する。

「感情」は、心の思いから出てくる。

それでは、「思」いはどこから来るのか、
それは、日常生活の中で、繰り返された「考え」の結果じゃないかと思う。

だから、日頃の考え方が、最終的に人の感情となって現れているのだと考える。

前向きな考えや、建設的な考えは、
やがて、明るい感情をもたらすと思う。

人それぞれ、独自の前向きになる方法があると思う。

私の場合、前向きな思いは、独自で生みだすのではない。
永遠の神の言葉と思いを理解しようと努めるときに
心の底から、悔い改める思いと同時に
希望となって、元気が生まれ出るのだ。




関連してないけど、過去記事紹介; 「目からウロコ」



下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
信じる心は、勇気を与える。
スポンサーサイト
人生の法則 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
Re: No title
過去記事から

第144.【言葉の過ち】
(心は卵、外側に全体を守る心の殻があり、中央に黄身という理性があり、その周りに白身の感情がある。)

第167.【理性と感情】
(心は地球、核が理性、その周りでうごめくマントルが感情、地殻は表に現れる心の状態)

第530.【「考え」と「思い」と「感情」と】
(「考え」は、心の表層にあるものだと思う。 それが、無意識レベルまで浸透すれば、心の「思い」となる。)

この3つの記事を比べると、定まっていないようで、実は同じことを言っていることに気付くだろうか。

例えば、海洋深層水を例にとると、
表層の水は、雨や川などから次々と供給されたり、蒸発したりと変化が激しい。
しかし、その一部は、海深く沈んで、安定した水となり、栄養の富んだ海洋深層水となる。

人の考えも似ていて、表層に浮いては消え、消えては現る考えがあり、
その中から、深く自分の理性へとなるものがあり、その深い理性は、感情を支配していくのだと思う。

人の心は、複雑だけど、心の底には、何かの核があったりする。
その核がはっきり形成されている人とそうでない人には、当然生き方に違いが生まれる。

どんな考えが生まれ出、どんな感情が生まれ出るのか、
複雑にからみあって面白い。

人は、みな自分の考えを確立しながら生きていると思う。
だから、自分のことにおいて、断定的に話していいのだ。
「そんなことない」という人は、
「そんなことない」という考えを確立しているのだから。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。