09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

471.【降りかかる火の粉】

2010年02月24日
降りかかる火の粉を払う責任は誰にある?

火の原因を作った加害者?
それとも、火の粉を受ける被害者?

「責任」という言葉を、
責任の所在で(とら)えるなら、加害者かもしれない。
しかし、これ以上被害を被らないための
行動責任者と捉えるならば、被害者本人だと思う。

自分の家に、火の粉が降りかかっているのに、
加害者の責任追及ばかりに視点が行って
その間に被害が拡大する場合も多々あるだろう。

降りかかる火の粉は、やはり自分で払わないといけない。
人を責めている場合ではない。
黙々とでもいいから、さっと臨機応変(りんきおうへん)に対応すれば、
その後がスムーズに処理できることが多いと思う。

正義感が強すぎて、人を責めることしか
考え付かない人もいる。
そうなると、怒りで目がくらんでしまう。

人が許せる柔軟な心は、臨機応変さを生む。
臨機応変とは、危機を脱出する柔軟な思考だと思う。




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

スポンサーサイト
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。