07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

447.【ドキドキ】

2010年01月13日
ラブラブ夫婦を持続する秘訣がある。

恋愛中は、心が恋でドキドキし、恋愛が勝手に大きくなるが、
夫婦は、身体を運動でドキドキさせて、ついでに心を恋愛モードにさせる。
ということだ。

つまり、良好な夫婦関係を持続させたいのなら、
一緒に、何かの活動をすることをお勧めする。

それは、ただ単に、一緒にテレビを見ているというものじゃない。
一緒に、何かの活動を楽しむという、もっと積極的な活動だ。

意識的に結婚生活を楽しむようにしなければ、
恐ろしい程の勢いで、日常の中に、
恋愛モードは埋もれてしまう。

心でドキドキするのは、限界があり、賞味期限がある。

有り難いことに、
身体は、動かせばいつだってドキドキする。

脳は、心臓がドキドキさえすれば、
その原因が恋愛か、運動かの違いが曖昧だという。

だから、
ドキドキするときに、側にいる人に対して
恋愛的な感情が生まれやすいという。

ご主人が、家でゴロゴロしてる間に、
奥さんが、他所でテニスコーチに恋するかもしれない。

逆に
夫が一緒にドキドキする時間を作って上げるだけで
いつまでも良き夫婦となり、浮気も防げるかもね。



関連過去記事;
 第431【魂の付き合い】
 第276【夫婦の倦怠期partⅡ】
 第268【ピーク・エンド法則】




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

スポンサーサイト
夫婦の法則 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
はじめまして
チャコと申します。

私もこの記事と同じようなことを思っています。
夫婦で同じ趣味を持つこと、特にスポーツなどは、
いつも行動をともにできて、
互いに刺激しあえる関係を保つことができますよね。

うちは、夫がテニス仲間の女性と親しくなりかけていました。
私は、浮気うんぬん・・というより、
私ができないスポーツを、夫が他の女性と楽しんでいることのほうが、
堪えました。

そこで考えました。
私も、来週からテニスを始めようと・・。
娘を巻き込んで、一緒にスクールへ行ってきます。
もう、夫も彼女とテニスする気が失せるんじゃないでしょうかね。

ほんとに夫婦でじっと時間を過ごすということだけでは、あきてきます。
共通の活動・・大切なことだと思います。
訪問、ありがとう。
チャコさんコメントありがとうございます。

夫婦って、30億以上の異性から、縁あって一緒になれたんですよね。
宝くじよりすごい確率ですね。

せかくの縁だから、
何か、いい想い出をいっぱい作りたいですよね。
人生は有限ですから。
私たちは、想い出を作るために生きているのかもしれないですね。

良き想い出ができますように!!
私も以前テニスしてました、バドミントンも楽しいよ。
そうそう、ゴルフの打ちっぱなしは、チョー気持ちいいですよ。当たれば!
小さなボールが、自分のストレスと一緒に空高く消えて行く感覚を味わえます。
チャレンジ精神で
この歳になるまで、(けっこうな歳です)
夫と一緒にスポーツをしたことがありませんでしたが、
夫に積極的に接近してくる女性の存在を知って、
思い切ってテニスを始めてみようと思いつきました。

いわば苦肉の策・・なんですが、
この機会に、運動不足解消と、仲間つくりを目的にして、
がんばってみようと思います。
Re: チャレンジ精神で
フレーフレーチャコどん!

と声援してみました。
若い人は、スポーツはいらないですよ。そうでなくても活動的ですから、
本当にスポーツが必要、定期的な運動が必要なのは、中年以後です。
スロージョギングなんかもいいようです。
足腰から年をとると言われていますので、互いに頑張りましょう。
世間には60過ぎてからマラソンを始める人もいるようですよ。
負けちゃいられないですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。