07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

401.【見返り】

2009年10月19日
先日、ニュースでチンパンジーの報道があった。
チンパンジーは、自分に見返りがない行為でも、
仲間が要求すれば、行うという実験結果だった。

この実験で、人間性というか
人間社会の起源の研究がなされているということだった。

ということは、
人間らしさとか、人間性とは、
「見返りの無い行為」に代表されるのかもしれない。

これは、いわゆる「奉仕」と呼ばれる行為である。

しかし、この「見返り」もよく考えてみると、
無いというわけでもないように思う。

奉仕は見返りを要求しない行為である。
しかし、「見返りが無い」と言っても
その人が喜ぶ姿が、「見返り」になるとも言える。
また、たとえばその喜ぶ顔の見返りが無い場合でも、
自分の中の、達成感そのものが、「見返り」だったりする。

仕事における見返りとは、給与と思えるが、
人は食うためだけに、仕事をしているのだろうか?
単にそのためだけの仕事だと、人生がつまらない。
やはり、そこに奉仕の精神が入ってこそ、
生きがいとなる仕事が見いだせるのかもしれない。

自分の仕事が、誰かを助けていると感じられるなら
喜びも生まれやすいと思う。
その精神的なものこそ、本当の見返りなのかもしれない。
それが、「やりがい」という思いになったりする。

直接的でなくていい、間接的でも
社会における仕事は、みんな誰かの役に立っている。
つまり、探せば見返りが必ずあるものだ。

そんな、思いを感じる精神的余裕が
普段の仕事の中にあれば、気持ちよく働けるのかもしれない。

あのチンパンジーには、
なんらかの見返りを感じられたのだろうか?




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

スポンサーサイト
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。