09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

254.【藤原紀香☆陣内智則】

2009年03月20日
「高嶺の花も努力しだい!」
そんなことを思わせてくれた二人の結婚。

男として、とても応援していたから残念!!

夫婦のことは、夫婦しかわからないし、
どちらが悪いというのでもなく、
相性が悪かったということかもしれない。

やはり、第17話【芸能人の結婚から学ぶ】で言ったように、
男性タレントは、一般人と結婚した方が
上手くいくと思う。

男というものは、どんなに小さかろうと
(陣内さんが小さいという意味ではない!)
(あるじ)でいたい、(かしら)でいたいと思うのが常。

奥さんに頭が上がらない状態だったら、
男のプライドやストレスで、
いずれは破綻したのかもしれない。

でも、それを承知で結婚したつもりだったはず、
だからこそ、応援していた。

やはり、DNAに染み込んだ欲求に、
意識は勝てなかったのか、愛は勝てなかったのか。

今朝のテレビでは、陣内氏の浮気が原因と報じていた。

まったく個人的な想像、いや妄想だが、
浮気が原因ではない気がする。

夫婦としてやっていけないと決まったとき、
その原因を世間に問われる。
離婚の原因なんて他人が思うほど単純じゃない。

それで、まじめな陣内氏は考えた。

離婚による紀香さんのイメージダウンを避けたい。
「俺の浮気ってことにしときー」
そう思ったが、紀香さんが承諾するわけがない。

それで、世間に公表するための
離婚する原因を作るために、
わざと浮気という行為を働いた。

こんなシナリオの可能性はどうだろう?

陣内氏の人柄は、それほど悪いようには思えない。

紀香さんも陣内氏も好きなタレントだけに
とても、残念だ!

二人とも、今度は相性の合う素敵な人と巡り逢って欲しい。



 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

スポンサーサイト
夫婦の法則 | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
私は、陣内さんの言うようにやっぱり浮気が原因だと思う。
女って意地が悪いんですよ。美しくて有名人の紀香さんへの嫉妬でしょうね。

陣内さんを誘惑して寝とった女は、紀香さんに優越感でいっぱいだと思います。
紀香をギャフンと言わせたって、たいそうご満悦でしょうね。

そういうの、女はよくやるんですよ。

男にはわからないだろうなぁ。
そうなんですか?
いずれにしても、想像の域は超えないので、
10人10通りの原因が考えられるかもしれませんね。
でもね、男もただの雄というわけではないので、
多少なりとも理性があるのなら、浮気は躊躇すると思います。
それでも、浮気してしまうほど、理性が弱っているとしたら、
夫婦の日常生活において、なんらかの原因があったと思います。
夫婦って難しいですね。
Re: 非公開コメント
あるがままさん、いつもコメントありがとうございます。

いつも、痛いとこ付いてきますよね。ほんとそうです。
確かに、男もいろいろ、女もいろいろですよね。

コメントで気付かされたり、納得することも多いですよ。

ブログも、毎日ネタを探して、さっと書いて、更新してますので、
確かに、考えが定まってなかったり、焦点がぼけていたり、
いろいろです。

そして、その思考の揺らぎの中で、少しづつ自分の考えというものを確かなものにしていっているように思います。
「考え」というのは、ただ心の中で思っているだけでは、確定しているように感じても、実はあやふやだったりすることが多いかもしれません。
ブログなり、日記なり、こうして不確かでも、自分の考えを述べるというのは、とてもいい機会だと感じます。
あるがままさんのように、真剣に疑問を呈してくれる人もいますので、余計勉強になります。

人生は、いつまでも勉強ですよね。
勉強というのは、それによって、意識が変化していく可能性をもったものだと感じています。
変化しないものは、無いのかもしれません。
多少なりとも、何がしかの変化をしているものだと思いますが、流れで変化するのではなく、どうせなら能動的な変化をしたいと思います。

自分が書いたものでも、後で読み返してみたら、それでいいのか?と思うこともあるのです。
しかし、それは、書いたときはそう思ったという記憶として、記録として、残したいとも思っています。
諸行無常、人の心も変化するものですから。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。