07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

252.【ムードメーカー】

2009年03月18日
何かを主催するときに、
参加する人の立場によって、ある分類ができる。

例えば、
そのイベントを主催し、いろいろと動き回り、
準備に携わる人達のことを、「スタッフ」という。

スタッフは、楽しむことが、目的ではない。
楽しませることが目的である。

だから、中にはそのためにストレスを抱えて
胃潰瘍になったり、ノイローゼになる人だっている。

一方で、
イベントに、ただ楽しむために参加する人達のことを、
「お客」という。

お客様は、自分が楽しむために参加し、その目的のみを達成すればいいのである。
イベントがつまらなければ、帰ればいいし、不満を持って苦情を言ったっていい。
誰に気兼ねすることもない、基本的に、自由である。

さて、
楽しめない「スタッフ」と、楽しむ「お客」の両方の立場を持つ人物のことを、こう呼んでみよう。
「ムードメーカー」である。

ムードメーカーは、スタッフの中にも、お客の中にもいるが、ここでは、特にスタッフのムードメーカーについて考えてみたい。

ムードメーカーの基本的要素は、イベントそのものを自ら楽しんでいるということだと思う。 
そして、スタッフの気持ちと、お客の気持ちの両方について、気配りができるということである。



人に楽しみや喜びを与えようと思うなら、それを提供する人だって、楽しみ、喜びを感じなければ伝わるはずがない。
喜びは、以心伝心である。

この視点は、様々な分野に当てはめることができる。

例えば、家庭生活でも同じ法則が当てはまる。
常にどちらか一方が、家庭のスタッフとなり、他がお客となるなら、その不公平感は、やがてストレスとなって家庭不和になりかねない。

家庭にあっても、常に双方が、ムードメーカーになれれば、上手くいく気がする。

一方が、スタッフのムードメーカー役をするなら、
他方は、お客のムードメーカーをする。
場面に応じて、ときどき立場をチェンジする。

そんな、夫婦生活は楽しいだろうと想像できる。

ムードをぶち壊すようなことは、してはいけない。



 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

スポンサーサイト
夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。