09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

237.【おやまの大将】

2009年02月25日
は、大山でも、小山でもいいから、
山の大将でいたいと思うもの。
山とは、わが、または自分の縄張りのこと。

大山の大将なら、自分の「会社」かもしれないし、
小山の大将なら、「家庭」がそれにあたる。

結婚していれば、一応、一家の(あるじ)であるから、
おやまの大将であるわけだが、
昨今は、あまり威張れない状態でもある。

世の中の経済状態は、厳しく、
自分の給与だけで家族の面倒をみれず、
共働き状態を余儀なくされる。

妻の働きで食っていっているのだから、
もう、小山の大将ですらないのである。
(; ̄_ ̄)ゞ マ・マイッタナァ。。。

そして、はそれだけで、
実は、充分傷ついていたりする。

もっと、威張っていたいのに、
威張れる要素がないは、肩身が狭い。

「こんな俺と結婚してしまったために、
苦労かけるなぁ」

そんな思いを胸深く沈めて、感謝すら口にするのも、
おこがましい気がして、押し黙ってしまう。

そこのところを、妻に責められると、
もうなす術もなく、男のプライドごと撃沈である。
妻を自由にさせてあげることすらできないのだから。

肩身の狭い思いをしている
世の中の男たちに、エールを贈りたい。

たとえ自分のプライドは守れなくても、
自分の家族は、守って生きましょう。

それが、最後の大将の役目、
まさしく「ラスト侍」なのかも・・・。

無理に、男のプライドを守ろうとしたら、
家庭が壊れるかもしれないのだから。

自分の弱さを認めずに、プライド高い武士でいるか、
プライドは捨てても、家庭を守る素浪人でいるか、

いずれも、男というものである。

がんばれ、世の男たち。
厳しい社会を生き抜いていけ!
守るべきものを守りながら。

こちらの記事も参考に、 第6話「妻はいい女」 



花でも愛でましょ!
ブーゲンビレア
ブーゲンビレアの花 (2009.2.24携帯撮影)



 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

スポンサーサイト
男と女の法則 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
共働き
共働きで、いいのです。
いや、共働き「が」、いいのです。
という話を私のblogの、下記の頁で書かせていただきました。
http://gotolove.blog.so-net.ne.jp/2008-07-05
Re: 共働き
ありがとう。
慰められます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。