09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

147.【首輪と足枷】

2008年11月03日
注)足枷(あしかせ)とは、
自由を奪うために奴隷の足にはめるもの。


は、結婚後、自由が無くなったと感じた。
だから、自分が自由な狼から、
首輪の付いた飼い犬になってしまったと感じた。

しかし、そう言いながらも、
その飼い犬は、ご主人と呼ばれ、
我がままを尽くした。

とても、忠犬とは呼べないくらいに、
横柄な態度を取った。
それでいて、首輪を疎ましく言ったりした。

やがて、時がたち、男は定年を迎えた。
首輪が繋がった家庭を、
一応、自分のだと思えるようになった。
これまでの、自分の働きにある程度満足した。

ところが、定年を期に、妻から言い渡された。
これが、世に言う「定年離婚」(熟年離婚ともいう)。

は言った、
「俺は、首輪を付けられて、奴隷となって働いてきた。それもこれもみんな、家族のためだ!」

は言った。
「いいえ、あなた!首輪を付けられた犬には、ご主人様がいます。
この家のご主人はあなたです。だからあなたは、奴隷でもなく、首輪もありませんでした。

結婚当初は、私は、あなたに尽くすことを喜びとしました。それをあなたが喜んでくれたからです。

でもやがて、あなたはそれを当然として喜ばなくなりました。当たり前のように尽くさなければならない私こそ、奴隷と一緒でした。

だから、結婚生活は私の足枷(あしかせ)だったのです。

あなたが、結婚を首輪だと思っていたのなら、その首輪を解きましょう。これからは自由に生きてください。

そのかわり、私も自由にしてください。私の足枷も解いてください。」



は、やり直すには、時が経ちすぎたことを感じた。


将来そうならないために、やり直すのは、「今」です。



記事を最初から読みたい方は、左側にある月間アーカイブを開いて見てね!


下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記ランキングを1日1回クリックしていただければ、励みになりまーす。どぞヨロシクm(_ _)m
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

スポンサーサイト
夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。