09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

145.【内・外の法則】

2008年10月31日
女の視点は、内。
男の視点は、外。 


男は、視点を外に向け、
外にあるものを内に取り入れようと
模索する。

だから、興味や関心も外側へと向かう。

恋人に、男が最大限の努力を払うのも
それが、外にいる存在だからだ。

ところが、一旦、自分のテリトリーの中
つまり、内側になってしまうと、
興味や関心が薄れてしまう。

男は、視点からして、浮気性に作られている。

でも、一方で
外界へと向かう視点がまた、
仕事に励む原動力にもなっている。

奥様方へのアドバイス。

夫の関心を妻にとどめるには、
完全に夫の内側にならないで、

夫にとって魅惑的な外側の要素も
持つ必要があるだろう。

つまり、自立した女性になるということだ。
それは、経済的な意味ではなく、
あくまで精神的なことだ。


一方、内側に視点がある女性は、
家庭を守る意識が非常に強い。

それを脅かす、男の浮気など許せるわけがない。

だから、を内側へ内側へと
外界から引き戻そうとする。

それでは、やがて、夫にとって、
家庭が窮屈なものへと変化してしまう。

家庭は、港であるべきだと思う。

港は、船を引きとめたりしない。
常に、船が帰る場所であり、
また、安住の地となる。

そこで、船は傷ついた身を癒し、
補給し、大海原へとまた旅立つ。

疑う心が、裏切りを防止するのではない。
信じる心が、裏切りを自ら選択せしめないのだ。


人は、完全に自分を信じてくれる人を
裏切ることができない。

内側から、信じて送り出し、
優しく迎えてくれれば、
いつだって、男は外から内へと帰ってくる。

夫婦って、とことん信じきることができれば、
かなり、面白い物語になると思う。

どん底から、
妻の信頼で這い上がった夫は大勢いるはずだ。



記事を最初から読みたい方は、左側にある月間アーカイブを開いて見てね!


下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記ランキングを1日1回クリックしていただければ、励みになりまーす。どぞヨロシクm(_ _)m
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

スポンサーサイト
男と女の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。