07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

143.【“見える”と“見る”】

2008年10月29日
さてさて、世の夫たる方々、
もちろん、私も含めてですが、

妻という女性について、
我々は、もっと研究しなければいけません。

前回、妻は「総合デパート」と例えましたが、

今回、夫を「船長」に例えようかと思います。

もちろん、乗客は、
我が船を選び、乗船してくれた「妻」です。

さあ、夫たる我々は、
妻を何処へ連れて行こうとしているのでしょうか?

妻は、いったい何を期待して、
この船に乗り込んでくれたのでしょう?


「ワンピース」というアニメがあります。
主人公のルフィーは常々言っています。

「俺は、海賊王になる!」

ルフィーの船には、仲間が乗り込みました。
ルフィーは、海賊王になることを目指していますが、
乗組員も同じ夢を持っているわけじゃないのです。

もしそうなら、ライバルになってしまいます。

もし、ルフィーを「夫」に例えるなら、
「妻」は、その仲間である乗組員に例えることができます。

いったい、仲間は、それぞれの夢がありながら、
どうしてルフィーの船に乗り込んだのでしょう?

その答えに、
夫婦という船が突き進むべき道があると思います。

私が考えた、答えとは、
ルフィーは、「仲間を見ている」ということです。

「見える」ということと、「見る」ということは、
精神的なエネルギーが違うのです。

目に入るから「見える」と言えますが、
「見る」とは、目に入る前の姿勢が問われます。
そこには、明確な意思が存在するのです。

夫の皆さん、奥さんを見ていますか?
それとも、毎日目に入るので、
見えていると思いますか?

例えば、今奥さんの似顔絵を描けますか?
髪型は? 眉は? 唇は? 
今日は何を着てましたか?

お恥ずかしながら、
そう言う私も、そのようなことが苦手です。

多分、
世の旦那さん方の多くがそうではないでしょうか?

男は、家庭に入った奥さんを、
ないがしろにしてしまいがちです。

彼女が望んでいるのは、
「ちゃんと私を見て!」ということだと思います。

「見る」とは、
他愛の無いことでもちゃんと話を聴くことだったり、
髪型が変われば、すぐに気付いてあげることだったり、

日頃から、どんなことで悩んでいて、
どんな希望をもっていて、
将来、どんなふうになりたいかを、
「わかっている」あるいは「わかろうとしている」
ということです。

乗組員が協力するとき、
船はどんな荒波をも越えてゆける力を発揮します。


そして、夫も妻も共にその夢を叶えるのです。


人は、
どれだけ心を深く通わせたのかが、
人生の深さを演出するのです。


ここでも同じことわざが成り立ちます。
「情けは人のためならず」
巡りめぐって、結局、自分にも倖せがやってくるのです。

がんばれ、世の亭主たち!

(がんばろ)



「あるがまま」さん、拍手コメントありがとうございます。
毎日来客くださっているそうで、本当に励みになります。
どうぞ、これからも思ったことをどんどんコメントください。
私は、凝り固まった考えの持ち主ではありませんので、
反対意見でもアドバイスでもなんでも、受付ます。
皆さんの意見も参考にしながら、
どんどん考えを変えていけるかと思います。よりよい成長を目指して!

折角いいコメントを頂いたのに、非公開なので、お礼の返事も入力できませんでした。
もし、よかったら、直接「コメント」欄に書いていただければ、幸いです。
他の方にも、ぜひ公開しましょうよ。
ブログを持っているならば、URLの記入も忘れずに。



記事を最初から読みたい方は、左側にある月間アーカイブを開いて見てね!


下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記ランキングを1日1回クリックしていただければ、励みになりまーす。どぞヨロシクm(_ _)m
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

スポンサーサイト
夫婦の法則 | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
コメントに関するコメント
このblog、いろいろな人がコメントなさるようになりましたよね。
あまり「最近のコメント」欄に私の名前ばかり並んではまずいと思い、気兼ねしていたのですが。
もうそろそろ、そんな気づかいは不要かな。

> 反対意見でもアドバイスでもなんでも、受付ます。
「反対意見」は、参考になりますよね。
私のblogでも最近、しばしば書き込んでくださる人がいて、興味深く読ませてもらっていますが。
梧桐さん、お気遣いありがとうございます。
でも、遠慮なさらないで、思ったことはどうぞコメントしてください。
コメントのやりとりも楽しいですよね。
No title
>私は、凝り固まった考えの持ち主ではありませんので、
>反対意見でもアドバイスでもなんでも、受付ます。

実に疑わしい

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。