07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

141.【妻 vs 愛人】

2008年10月27日
前回、浮気の話になったので、
今回もその続きを書いてみようと思う。

恋人同士の時には、浮気とは言わない。
それは、れっきとした相手選びである。
自分に合う人を選び直したに過ぎない。

結婚するまでは、自分の伴侶候補者を
よく吟味して選ぶというのは、当然のことである。

しかし、
これは本当に真剣な気持ちの場合のみである。

浮気性の人が、恋人を裏切るのは、
やはり「浮気」の範疇に入るのかもしれない。


さて、
一般的に恋愛から、結婚に移った段階で、
他人に心を移す行為を「浮気」と捉える。

浮気相手が特定な人を、通常「愛人」と呼ぶが、

そこで、 「妻」対「愛人」の戦い が始まるのである。

何の戦いかといえば、夫の気持ちの奪い合いである。

夫の「愛情」は、妻や家族に注がれるが、
「恋心」は、愛人の勝ちで、
1勝1敗の引き分けになってしまう。

「恋愛」は、結婚することで、
「愛」と「恋」に分断されてしまったのだ。


かつて恋人だった女性も
結婚すると妻という立場になる。

妻の役割は、
家事、子育て、妻業、家庭運営、健康管理・・・
数えればきりが無いほど、大きく、多い。

夫は、もちろんそれに感謝していて
だから、妻に対する愛情を失いはしない。

にもかかわらず、浮気してしまうのは、何故だろう?

実は、
役割の多すぎる妻が、
夫に構う頻度が落ちてしまうということも大いにある。
その結果、夫は恋心を他所に求めることになってしまう。

その間に
愛人は、男に「恋心」だけを提供する。
いわば、恋の専門業者だ。

こうなると、
妻がどんなにその役割の重大さで、
権利や義務を夫に求めようと、

夫は、愛を家庭に恋を愛人に、と
気持ちを分断して注ぐことになる。


さあ、
恋の専門業者である「愛人」に
「妻」の勝算はあるのだろうか?


この続きは、次回に・・・



記事を最初から読みたい方は、左側にある月間アーカイブを開いて見てね!


下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記ランキングを1日1回クリックしていただければ、励みになりまーす。どぞヨロシクm(_ _)m
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。



スポンサーサイト
夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。