07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

14.【男女の本能的“欲”の違い】

2008年01月23日
 女には、「単数独占欲」がある。
 
自分が認めた男性のDNAを引き継ぐのは、自分の遺伝子だけでいい。
もし、自分が惚れて、優秀と認めたDNAがばら撒かれたら、
自分の子のライバルが増えることになる。
どんなに頑張っても、1年に一人くらいしか産めないのだから、絶対浮気は認めない。

 一方、

 男には、「複数支配欲」がある。

自分の遺伝子を多く遺したいという本能的欲求は、
1年に多くのDNAを残せる能力に裏付けられている。


だから、男女の欲は初めから、敵対している。

でも、お互いの本能的な欲が、ぶつかり合わないようにするのが、
「愛情」のなせる業。

だから、愛情に陰りや疑いが出てきたら、
その欲がぶつかり合い、やがて破局へと向かっていく。

家族の中で唯一血のつながりがないのは、夫婦だけである。
紙切れ一枚の手続きで、何十年連れ添っていようと、
赤の他人にもなれる、か弱い関係。

夫婦をつなげているものは、「愛情」だけである、 と思いたい。

決して、馴れ合いや面倒くさいからではない、都合いいからでもない。
 肝愛さ(ちむがなさ); 愛おしく思う気持ち」だけである。





下記をクリックすると、恋愛・夫婦関係のブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへにほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ


人気ブログランキングを見るには、こちらで選んでください!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログ王人気ブログランキング 


<こちらでは愛の深まる本を紹介しています>

スポンサーサイト
男と女の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。