07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

139.【優しさと逞しさの法則】

2008年10月25日
「たくましい」(逞しい)という漢字は、
日頃、あんまり使わないので、
知りませんでした。お恥ずかしい・・(。-_-。)
この際、覚えておきます。

さて、本題へ。

一般的に、
男は、女に優しさを求め、
女は、男に逞しさを求めている。


この「優しさ」「逞しさ」は、
一見、違うもののように感じる。

しかし、その根底にあるもの、
それを追求してみようとすると、

どうも、それらは、
同じもののように思えてきた。

結局、
優しいとは、他人に対する態度であり、
逞しいとは、己に対する態度である。

ということが、分かった。
これが、「優しさと逞しさの法則」である。

根本は、同じものなのである。

真に優しい人は、
ゆるぎない自己を持っているから
それができるのである。

つまり、逞しくなければ、
人に優しくなんてできないのである。


自己が弱くては、人になんて優しくできない。
泣きべそかきながらでも、人に優しさを示せる人は、
実は、かなり逞しいのである。

人を蹴落として、我が道を突き進む人は、
決して逞しいわけじゃない。

人に思いやりを示す余裕がないほど、
必死にならざるを得ない弱い人なんだ。

だから、弱い人間こそ、人には優しくできない。

生物学的にも、己のことばかりで、
他はどうでもいいような一匹狼は、

最終的に、滅びの道を歩むことになる。
そんな、か弱い存在なのである。

遺伝子の伝達は、
常に、仲間を思いやる逞しい者によって
受け継がれてきた。

「優しさ」とは、実は「逞しさ」の指標だったんだ。

ただ、偽りの優しさもあるから
注意しなければならない。


偽りの優しさには、ターゲットがある。
ある目的のためにそうする必要があるからだ。

本当の優しさには、分け隔てがない。
己の生き方が、外に現れた結果、
たまたま、そうなっただけなんだ。

しかも、優しさの達人は、
その行為が、実にさりげないのだ。

己をもう一度、吟味しよう。
いやいや、二度、三度・・・




さて、昨日の夜釣りの成果は、
私=0匹、娘=2匹
私は、大きな当りがあったものの、
糸ごと切られてしまい、その姿を拝むことができなかった。
今回は、「逃げた魚は、きっと大きかった」なのである。

下記は、娘が釣った「ダツ」
魚
(1匹は小さいので、逃がした。)


記事を最初から読みたい方は、左側にある月間アーカイブを開いて見てね!


下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記ランキングを1日1回クリックしていただければ、励みになりまーす。どぞヨロシクm(_ _)m
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。


スポンサーサイト
男と女の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。