07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

135.【信頼が増すとき】

2008年10月21日
第84話では「信頼と積み木」というタイトルで
信頼を積み上げる話をしましたが、

今回は信頼を回復する話をしてみたいと思います。


企業も人も、生きている限り失敗は付き物です。

でも実は、「失敗=信頼の失墜」ではないのです。

もちろん、失敗の質にもよります。
その失敗が悪質で、相手を騙すようなものなら、
失敗が公表されるやいなや、信頼を失うことでしょう。

ここで、考えるのは、そういう失敗ではなく、
不可抗力の失敗だったり、
単純ミスだったり、
意図しなかった、悪意の無い失敗のことです。

しかし、悪意が無いと言っても、
その失敗後の対応によっては、
信頼度に雲泥の差が現れます。

一方では、
墓穴を掘って、信頼を無くす場合があるかと思えば、
他方では、
ますます信頼を勝ち取る場合だってあるのです。


これは、企業でも人間関係にも言えることだし、
男女関係、夫婦関係にも言えることですので、
参考にしましょう。


失敗した後は、「誠実」に対応すること。
その誠実さが相手に伝われば、
実は、以前よりも信頼度がアップするのです。

先日、本屋で立ち読みをしていました。
その中で、人の心理をついた会話術の話を
読みました。

恐ろしい、ホステスの心理術です。

なんと、客を虜にするために
わざと失敗するのです。

男性客に向かって、
「何そのネクタイ、全然似合わない、ダサい!」
って罵声を浴びせるのです。
客商売なら、決して、言ってはいけない言葉です。

ところが、落ち込んだ客に対して、
耳元で囁くのです。

「ねえ、今度、私にプレゼントさせて!
あなたに似合いのをきっと探すわ、
あなたなら、もっと素敵になるわよ。
一緒に、買い物付き合って~」

って、言うのです。

それを聞いた男性客は、
「こんなにも、自分の事を思ってくれるのか」
というわけで、心の中で
「惚れてまるやろー」って叫ぶわけです。

たいてい、その女性がプレゼントした
ネクタイより高価な物をお返しにもらえるそうです。

なんと、恐ろしい手法でしょう。

男は、馬鹿ですから、たとえ罠とかわっていても
「そこまでするのも、かわいい」
と思ってしまうのです。
というか、罠にも気付かないでしょうけどね。

これが、失敗の後の誠実さになるかどうかは
別にして、その応用は見事ですね。

失敗したときは、チャンスと思うことです。

失敗後に、誠実さをもって、
相手に心を尽くせば、
信頼度はアップするものです。

なぜなら、
「このように失敗してさえ
こんなにも誠実に対応してくれるのなら、
充分信頼してもよさそうだ!」

ってなるわけです。

失敗はしないに越した事はないのですが、
失敗したときにも、落ち込まないで
誠実に振舞うことを心がけましょう。

日本企業は、失敗から学ばないところも多いですね。
失敗して対応が良くて、信頼度をアップさせたのは、
ジャパネットたかたでしたね。

個人情報が漏れたときの、対応は早かったです。
お見事。

見習いましょう。



そうは言っても、
私は、失敗自体が多いので、
すでに、妻の信頼を損なっています。(/-_-\)う~ん…



記事を最初から読みたい方は、左側にある月間アーカイブを開いて見てね!


下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記ランキングを1日1回クリックしていただければ、励みになりまーす。どぞヨロシクm(_ _)m
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。


スポンサーサイト
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。