07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

125.【犠牲と効果の法則】

2008年10月10日
この考え方は、夫婦関係にも役立つので、
是非、覚えていて欲しい。


犠牲とは、
「より大切なもの」のために、
「今大切なもの」を捨てることだ。


人はできるだけ、犠牲は払いたくない。

しかし、
より大切だという意識が強ければ、
犠牲など苦とも思わない、
むしろ、奉仕のように楽しむこともできる。

問題なのは、より大切だと思えないときだ。

今あるものより、大切だと思えないものに
犠牲を払うことは、精神的苦痛が大きい。

だから、できるだけ犠牲を払いたくない。

しかし、結果的にそうせざるを得ないとき
そんな意識をどう処理するかで、
その後の効果がまるで違うものになる。



今朝、娘と妻とのそんな攻防があった。
娘は、友達との急な交際があり、
突然、お金が欲しいと言ってきた。

妻は、突然の出費を犠牲だと感じた。
つまり、娘の友達交際よりも
お金の価値が高かったのである。

しかし、
妻は不承不承であっても、小遣いを渡した。
結果的に、犠牲を払ったのである。

さて、問題は、
その払った犠牲に見合うだけの
効果が得られたかということだ。


多くの人は、
不承不承の犠牲を払うとき、
その価値をプラスマイナス「0」にして
相手に渡している。

だから、ほとんど効果は「0」である。
もったいないことだ。

犠牲を払うということは、
相手にとって、有り難い価値あるものであり、
その価値は、当然プラスである。

しかし、その価値を損なうマイナスのことがある。
それはつまり、「愚痴」である。

犠牲を払う人は、その苦労が嫌でしょうがない。
文句の一つでも言わないと気がすまない。

それで、つい文句たらたら、愚痴のおまけを付けて、
不承不承、犠牲を払うのである。

もう、その時点で、
犠牲の価値はプラ・マイ「0」になっている。

相手は、
「たくさんの文句と愚痴を聞いてあげたのだから
こっちだって、その犠牲を払った。
だから、もう感謝する必要は無いわけだ」 となる。

せっかくの犠牲が、感謝すらされないので、
余計に腹立たしいことになるわけだ。


払いたくない犠牲を払うのなら、
せめて効果は絶大にしたい。

そう思うのなら、犠牲という価値に、
さらに、上乗せして価値を与えることだ。

普通、
右の頬を打たれて、左の頬を出せる人は
殆どいない。
しかし、あえてそれをすることだ。

上記の母娘の会話の場合、
不承不承の小遣いを渡すときに、
文句を付けるのではなく、
多少の怒りを込めながらも、
母親としての愛をもっと示すことだ。

つまり、こうだ。

「大切なお金なんだから、
それに見合うだけの楽しい思い出を
友達と作らないと許さないからね!
うんと楽しんで来なさいよ。」

子供の反応は、容易に想像できる。


相手に対して、犠牲を捧げるときには、
文句ではなく、さらなる気遣いが必要なんだ。

そうすると、犠牲を払われた相手は、
感謝せずにはいられないだろう。

それが、犠牲の効果を最大にする原則だ。

図式化するとこうだ。

(犠牲+文句)=(良い物+悪い物)=±0
(犠牲+愛) =(良い物+良い物)=++

私(良い物+悪い物)⇒相手(感謝無し)

私(良い物+良い物)⇒相手(大感謝!)


文句や愚痴から生まれる良い効果は一つもない!




第80話【それっ、損してるよ!】も参考にして欲しい。



記事を最初から読みたい方は、左側にある月間アーカイブを開いて見てね!


下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記ランキングを1日1回クリックしていただければ、励みになりまーす。どぞヨロシクm(_ _)m
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。



☆下記に、コメントコーナーもありますので、コメントを閲覧したり、書き込んだりできます。是非、あなたのコメントもお寄せください。
             ここの下方の「コメント」をクリック↓
スポンサーサイト
人生の法則 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
とても分かりやすい良いお話しを読ませて頂きました。
つい、言いたくなってしまいがちですが、おっしゃるとおり「文句」「愚痴」からは何もいい効果は生まれませんね。
あと「不平不満」「泣き言」「悪口」も言ってはいけないと師匠から教わったことがあります。
自戒を込めて応援ポチです!!
快福やさん、コメントありがとうございます。
快福やさんには、いいお師匠さんがいらっしゃるんですね。
ブログも拝見させていただきます。
これからもどうぞ、よろしく。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。