07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

784.【出逢えたか?】

2012年08月27日
中島みゆきさんの、「糸」という歌がある。
その歌の最後に、このような歌詞がある。

「縦の糸はあなた 横の糸は私
 逢うべき糸に 出逢えることを
 人は 仕合せと呼びます」

本当にそうだな~、と思う。
出逢うべき人とは、誰のことだろう。

それは、自分というものを再確認させてくれる人だったり、
自分のゆくべき道を暗示してくれる人だったり、
いろいろな気付きを与えてくれる人だったりする。

しかし、本当のところ、
それは、きっかけに過ぎない。

自分の人生は、他人任せではないのだから。
自分を再確認するのも、いろいろと気付くのも、
実は、自分自身の責任でしかない。

それでも、やはり、
そのきっかけを与えてくれる人という者がいる。

そのような人に出逢えたら、
やはり、仕合せなことだと思う。








JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
スポンサーサイト
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

783.【浅い愛】

2012年08月08日
浅い愛は、不安定であるがために、
安定を図るため、それを形や物に求める傾向がある。

目に見えない愛情を形に代えて、
心の安定を図ろうとするつもりなのかもしれない。

たとえば、ある恋人同士は、
「私たちの愛は、本物よね!」
と言いつつ、それを形で示そうと、
二人で誓いの刺青(タトゥー)を入れたりする。

しかし、
形に示そうとする愛自体が、未熟で不安定なために、
大抵は別れる結末となる。

永遠だったはずの愛の形(刺青)だけが、
悲しげに傷跡として残ることになる。


(旧約聖書;サムエル記上4章より)
旧約の民、古代イスラエルの民は、
信仰の象徴であるはずの主の「契約の箱」を、
ただのお守り的に、形だけの信仰で戦いの場に登場させた。

信仰さえあれば、契約の箱があれば、
無敵で、戦いに勝利を治めてきたが、
信仰の無い状態では、契約の箱さえ、無意味だった。

形は、内面に取って変わるものではない。
愛や信仰を、形や物で表わすことはあっても、
形や物が、愛や信仰に代わるわけではない。

浅い愛、浅い信仰は、
とかく形や物にそれを求める傾向がある。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。