05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

778.【論理に溺れる】

2012年06月29日
論理的思考を育成するために、
海外では、ディベートという討論会が行われるという。

その方法は、あるテーマについて
肯定派と否定派に分かれ、
相手の議論を退け、自分の正当性をアピールする。
議論を戦わせた後、審判員が。どちらがより論理的に
勝っていたのかを判定する。

意見を論理的に発言するという方法論として、
それは有効な手法かもしれない。

このディベートを行う時、
自分がどの意見を持っているのかは、考慮されない。
時には、自分の意見とは、正反対側の意見側として論じたりしなければならない。

そいうことを考えてみると、
ある意見は、論理的だから正しいというわけではない。
また、人も、論理的に正しいから信用するわけでもない。

好き嫌いや、気分や、感情は、
論理的思考を駆使しても、それと完全に一致するわけでもない。

どのような意見にも、論理的な反対論があり、
論理的な賛成論もあったりする。

人がどう考え、何を選ぶのかは、
論理的というわけでもなさそうである。

どんなに論理的に説明したところで、
それを受け入れるかどうかは、その人次第である。
もちろん、論じることも大切なことだが、
論じることだけに溺れてもいけない。

論理の外にある深層心理みたいなものも、
個人の意見には影響があるということだ。

それが、何なのかは深層だから
簡単にはわからないけれども。

人には、論理的な思考以外のものがある。

討論を重ねて白熱しても、
どちらも信念が揺るがなかったりする。

「自分が論理的に正しい」と確信している事柄でも、
実は、論理的だから正しいと思っているのではなくて、
そう信じているから、論理的にそれを説明しているだけなのかもしれない。

人が何を信じるのかは、論理的ではなかったりする。

例えば、信仰がそうである。
信者は、神がいることを論理的に説明するだろう。
一方で、無神論者も神がいないことを論理的に説明するだろう。

でも、結局信じるか信じないかは、
論理的だからということで決めているわけでもない。

心の決定権は、論理ではないのかもしれない。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
スポンサーサイト
人生の法則 | コメント(7) | トラックバック(0)

777.【大人】

2012年06月22日
大きい人と書いて、大人(おとな)という字になる。
大人とは、何かが大きい人のこと。

何が大きいのかを考えてみた。

(あえ)て、大きいという言葉を使うと、
身体が大きい、年齢も大きい、経験値が大きい、
態度も大きい、権力も大きい、経済力も大きい、
責任が大きい、などなど・・・

もちろん当てはまる人も、あてはまらない人もいるけど、
概ねそんな感じかもしれない。

「大人になれよ」
なんていう言葉をドラマなどで聞くとき、
悪い意味で、ずるがしこい人や
裏も表もある世間慣れした大人をイメージする。

そういう意味で大人という言葉を使いたくない。
だから、ちゃんとした大人をイメージしたい。

私が考える大人というのは、
「心」が大きい人のことだ。

心が大きいということは、キャパシティーが大きいということ。
自分だけのことでいっぱいいっぱいな人は、心の容量は大きくない。

ということは、自分以外のことでも
それを引き受けるだけの容量を心が持っているということ。

そして、そういう人に人は頼りたくなる。
頼ったら、頼った分だけ、ちゃんと答えてくれる。
信頼という言葉がその人に贈られる。

自分のことをちゃんとやり、
それ以外のこともやってくれる奉仕の心を持った人。

そういう人を、大人と言うんじゃないだろうか。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(3) | トラックバック(0)

776.【潔さ2】

2012年06月12日
今日は、雨。

そんな雨模様の先日、
バイトの帰りに、バイク乗りたての娘が、
スリップして転倒してしまった。

幸いにも、何一つ怪我はない。
しかし、新品のバイクに傷が付いてしまった。

この転倒は、自業自得のスリップ事故だった。

娘は、意気消沈しながらも、
注意深く運転しながら帰途についた。

ところが、今度は左方向から急に車が左折してきて、
進路妨害したために、急ブレーキをかけ、
またまた転倒してしまった。

怪我はかすり傷程度だが、傷ついたバイクが、
さらに傷の上塗りをしてしまった。

飛び出した車は、少し前で止まり、
気にしているようだったが、

意気消沈している所に、度重なる事故で、
気が動転した娘は、その車を無視して
さっさと帰宅してしまった。

私が帰ってきた頃、やっと正気にもどった娘は、
悔し涙を流して訴えてた。

「お父さんのバイク傷つけたけど、
 2回目はその人が明らかに悪いから転倒した、
 だから、バイクの傷全部直してもらえば良かった~!」

と、だけど、初めの事故が自業自得なのに、
その人に、全部負担させるのは、正義じゃないと思った。

だから、
「それは、(いさぎよ)くないから、やめときなさい」と言った。

娘は、その言葉に納得したらしく。
笑顔になった。

大した怪我もなく、いい経験をさせてもらった。



関連記事; 第366話【潔さ】





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(3) | トラックバック(0)

775.【狩猟と収穫】

2012年06月05日
男は、狩猟(しゅりょう)そのものを喜びとし、
女は、収穫(しゅうかく)を喜びとする。


男がスポーツや趣味活動に夢中になるのも、
収穫よりも、その過程を楽しむからなのかも知れない。

そう言えば、私の趣味の釣りも、
収穫よりも、釣りそのものが大好きだと気付く。

一方、女性はと言えば、

夫;「今日は釣り楽しかった~!」
妻;「で? 収穫は?」

とあくまで収穫にこだわる。
現金なのである。

原始時代の狩猟中、男達は、動物を追っかけまわして、
そりゃ、エキサイティングで、楽しかったに違いない。

一方で女たちは、野山で果物などを収穫し、
エキサイティングではないものの、
その収穫の喜びは大きかったに違いない。

かくして、男と女の違いが刻まれたのかも。

夫;「今月は、仕事頑張った!、充実感があったぞ。」
妻;「で給与は上がるの?」

狩猟の喜びと、収穫の喜びは、必ずしも一致しない。






JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
男と女の法則 | コメント(5) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。