06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

717.【「嬉しい」と「楽しい」】

2011年07月27日
喜びを形容したものが、
「嬉しい」という感情だと思う。

では、
「嬉しい」と「楽しい」の感情の違いはどうだろう?

人が、楽しいと思うときには、
その人自身が、楽しいと思うかどうかで判断する。
そこに、人間関係のあるなしは関係ない、
あくまでその人が、楽しいと感じるかどうかだ。

一方、嬉しいと思う時には、
その人の周りに嬉しいと思わせる人間関係がある。

「嬉しい」も「楽しい」も似たような感情だが、
その起因するものあるいは、過程に違いがある。
と私は思う。

思っているのは、一人の人間だから、
嬉しいのか楽しいのか、分けて考えるのも
おかしいのかもしれないけれど、

どうも、この言葉を使う時に、
楽しみは、個人的なことで使い、
喜びや嬉しさは、人間関係に起因したことで使っている。

楽しみはつかの間だが、
喜びや嬉しさは、後を引く長い尾っぽがある。

それが、人の絆というものかもしれない。






JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
スポンサーサイト
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

716.【答えは、いずれか?】

2011年07月26日
「神が、人間を創ったか?」
「人間が、神を作ったか?」

その真理は、いずれわかるとしても、
今、何を基準に生きているのかということが、

感じ方、解釈の仕方、考え方、行動の仕方など、
それが、すべてに影響を及ぼす。

そして、生き方そのものを変える。

神は、人間に
「何を基準に生きるのか」
選択の自由を与えた。

人間は、何を基準に生きるのか、
勝手に決められる選択の自由を勝ち得た。
と思ったが、
自由を謳歌しているとは言い難い気がする。

何かに縛られていたり、捉われていたり。

それでも、何を信じるのかは、自由に決めていい。

そして、信じたものから、報いを受けることになる。

私は、神のいる人生を選ぶことにした。






JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

715.【幸福の始まり】

2011年07月21日
私が思う、一番の幸福とは、
感謝がとめどもなく湧きおこる状態のことである。

その場合、「感謝」は「幸福」と同義語と言ってもいい。

心の底から溢れ出る感謝の気持ちは、
人を最高の幸せへと導く。

感謝する心は、人に愛情を感じさせ、
愛されていることを確認させ、
自尊心を満たし、心に安らぎを与える。

そして、その感謝する心が、人を優しい行動へと(いざな)い、
さらに優しさの輪が広がりを見せる。

水面に落ちた一粒の水滴が起こす波紋のように、
周りに広がって行く感謝の輪。

一人の感謝が、周りを幸福に導き、
また周りの優しさが、一人を幸せへと導く。

この始まりの一滴こそ、「感謝」というものだと思う。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

714.【これくらいで歌う】

2011年07月19日
人は、いろいろな自分を抱えながら、人生を歩んでいる。

湧きおこる様々な思いを実現したり、見逃したり、
躊躇(ちゅうちょ)したり、強行したりしながら生きている。

「あの時、ああすれば良かった。」とか
「あの時、ああしないで助かった。」とか

もしもの話をすれば、きりが無いほど・・・

後悔も、ためらいも、安堵(あんど)もあり、
人の人生は、多感で冒険に満ちている。

でも結局、
成りたい自分や、嫌な自分、しがらみのある自分、
自由に羽ばたきたい自分、コツコツと歩く自分、
それらを最終的には、一つに統合しながら生きている。

みんながんばれ! 私もがんばる。

その人生たちに、歌を贈りたいとすれば、

この歌がいい。

ハンサムケンヤさんの「これくらいで歌う」

たったこれくらいかもしれないけど、
でも、これくらいで、感動する。


歌詞と映像が、見事にマッチしていて、
よく表現されていて、何度も繰り返し見てしまう。









JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

713.【W優勝!】

2011年07月18日
昨日といい、今日といい、嬉しいニュースだ。

昨日は、我が母校、糸満高校野球が、
県大会で優勝し、初の甲子園に行くことになった。

超感動! 今年の夏は、嬉しい限りだ。


そして、今日は、なでしこジャパンが、

ワールドカップで優勝し、世界一だ!!!。

二日で2度も嬉しいことがあった。

二度あることは、三度ある。

どんな嬉しいことが起るのか、楽しみにしていよう。

人生、苦しいことも起れば、楽しいことも起る。

どれも受け入れながら、進むしかない。

苦しい時には、感謝しながら、耐えていたい。

嬉しい時には、感動しながら、感謝していたい。

感動を与えてくれるすべてのことに、感謝したい。

感謝を数えればきりが無いくらい、嬉しいことが(あふ)れだす。

そうやって、生きていこう。

おめでとう!「糸満高校!」

おめでとう!「なでしこじゃぱん!」 




にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)


JWordクリック募金


東北関東大震災 緊急支援クリック募金


JWordクリック募金




〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(3) | トラックバック(0)

712.【瀬戸際】

2011年07月15日
生きるか死ぬかの瀬戸際(せとぎわ)なんて、めったに経験しない。

しかし、本当は誰もが日常生活の中で、
知らずに経験していることだったりする。

人生は、どんなきっかけで終わりを迎えるか、
誰も知らない。
そういう意味では、人は常に命がけだとも言える。

自分が死ぬだけならまだいいが、
人を殺してしまうことなんて、恐くて想像さえしない。

普通の人なら、殺人とは無関係で人生を過ごしている。

ところが、急ぎの用事があったり、
何かの時間に間に合わせるために、

いつもなら余裕のある運転をしているところ、
いつもなら余裕のある歩行をしているところ、

いつもの余裕が失われ、
黄色の信号でアクセルを踏んだり、走りだしたりすると、
思わぬ事故に遭遇する危険が高まる。

自分の被害だけならまだしも、
人を巻き込む事故となると、取り返しがつかない。

急いでいるときこそ、命がけの瀬戸際にいることを、
意識的に意識しなければならない。

私も、過去に事故って鎖骨骨折した身、
それ以来、急いでいるときの運転は、
「命がけ、命がけ!」と唱えながら運転している。

人生を守るのは、己の意識!


にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

711.【変わらない】

2011年07月14日
先日、何かのニュースで読んだ記事。

若く見える人は、実は長生きであるとのこと。

同窓会とかで、
「変わらないね~!」と言われる人は、
大抵、見た目が若く見えるという意味だと思うから、
それは、喜んだ方がいい(場合が多い)。

変わらないという意味にも、いろいろあって、
性格が変わらないとか、相変わらずおじさん臭いとか・・

世の中のものは、すべてが諸行無常で、
変わって当たり前である。

10年経てば10年分歳をとる。
見た目も10年分変わるのが、当たり前。

ところが、変わらないように見える人は、
実は、時の流れに変化し老化する自分を、
さらに、変化させることによって、
若さを保っているのかもしれない。

変化の二重否定みたいなことが起り、
「変わらない」という現象になるのだと思う。

つまり、
毎日変化する自分を、変化させて元に戻すのである。

若々しい人には、それなりの理由があるのだと思う。

加山雄三さんは、74歳らしいが、
あの風貌は、まだ青年のように思う。

見た目は、見た目だけじゃないように思う。

日常の行動や考え方が、風貌に現れるのかもしれない。


にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

710.【喜びと楽しみの違い】

2011年07月13日
「楽しみ」は、個人的。

楽しみは、個人の嗜好(しこう)と関係していて、
個人的な感情であり、人の為には、楽しめない。


「喜び」は、社会的。

喜びは、人間関係と関係していて、
愛する者との関わりの中で生じる感情である。


たとえば、
息子が、念願の海外留学へ行くことになったとして、
親が、このように言うかもしれない。

「君が、自分の夢を叶えるために、
一歩踏み出すことを嬉しく思う。
お父さんも、喜びで胸がいっぱいだ。
海外生活をうんと楽しんできなさいね!」

そう、愛する息子と言えども、
楽しむのは、息子本人であり、
父親は、息子のために楽しむことはできない。
しかし、喜びを感じることはできる。

楽しみばかりを追い求める人生は、
個人的な楽しさを求める人生であり、
楽しみは、いつかは消えてしまう。
人は、いつまでも元気で楽しむことはできないのだから。

喜びを求める人生は、
人間関係を愛情で満たすことであり、
例え寝たきりになろうと、
苦しみの中ですら、喜びを感じることができる。

たとえば、
大切な人が、犯罪者の人質になっていたとたら、
「その人を解放してくれ、その代わり私が、喜んで人質になろう!」
と言うかもしれない。

しかし、こう言うだろうか?
「その人を解放してくれ、その代わり私が、楽しんで人質になろう!」

苦しみの中では、楽しみは生まれないが、
逆境の中でも、愛する者がいれば喜べる。
苦しみの中でも、悲しみの中でも、
愛する者のために、人は喜べるのだ。

また、愛されることにも喜びを覚える。

愛すれば、人の喜びを、自分の喜びとすることができる。



関連過去記事;708.【人生の意味】 35.【喜びの質】


にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

709.【初恋~】

2011年07月12日
異性を始めて好きになること、それが初恋。

初恋の想い出は、甘酸っぱくて・・・とよく言う。

自分も、あれが初恋だろうと思えるのが、
小学校2年の頃のことだ。

あれから何回か異性を好きになり、
もちろん打ち明ける事のない片思いだが、

結婚に至るまで、何人に恋してきたのか、
数えることができる。

○子、○子、○美、○美、○子、○美、○子、
○子、○美、○○となり、10番目の女性と結婚した。

打ち明けたのは、9番目の女性以降。
しかも、自分はもう30歳にもなっていた。

過去30年間、ずーっと片思いだけだったというわけだ。

でも恋のお陰で苦しくも楽しい時代だった。

ほろ苦い、グレープフルーツのような味だ。
後味が爽やかだから良かった。

恋は、努力しても持続はしないが、愛は持続する。

10番目の女性を、もっと大切にすることが
自分の人生の一つの目的でもある。


にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
男と女の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

708.【人生の意味】

2011年07月11日
「人生、楽しければそれでいい!」
と思って生きていたら、
後で、どうしようもない(むな)しさに(おそ)われるかもしれない。

楽しさは、つかの間であり、時は無情にも過ぎ去るもの。

やがて、
一人ぼっちの寂しさに取り囲まれてしまうかもしれない。

それを防ぐには、一人ぼっちでも大丈夫な
「人生の意味」を見つけることが重要かもしれない。

楽しみだけでは、人生の意味や答えを見つけることは
できないと思う。

人生の意味を見つけるには、
「喜び」を見つけるようにすればいい。

特に、人の喜びと、自分の喜びがリンクしたとき、
人生の有意義なる価値を見出すことができる。

人の命には、期限があるが、思考の深さは無限である。

自分の人生の意味を見つけることができれば、
この上ない幸せな人生を送る事ができる。

「探せ、そうすれば見出すだろう」と聖句にある。



下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

707.【未来は闇】

2011年07月08日
「未来は闇」と言えば、
悲観的な言葉と受け取られてしまうが、
誰も未来のことは分からないという意味で、
何も見えない暗闇と、同じだとも言える。

暗闇だから何があるのかわからない。
そこには、悪いものがあるとは決まってないし、
良いものとも決まってない。

わかっているのは、「わからない」ということだけ。

もし、未来に希望を持ちたいのなら、
今いる場所から、その暗闇に明かりを当てられるような、
そのような活動を、今するしかない。

種を蒔けば、発芽するだろうという希望が持て、
発芽すれば、花が咲くだろうという希望が持て、
花が咲けば、実がなるという希望が持てる。

希望は、今手元に何があるのか
ということで生じるのかもしれない。

それは、物には限定しない。
考え方でもいいし、信じる力でもいい。

いずれにしても、今あるものからスタートするしかない。

未来の闇を少し照らす明かりになるように。



下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

706.【おばさん化】

2011年07月07日
女性は、恋をして女性らしさを増し加える。
そして、大恋愛の末、結婚する。

子供が生まれ、子育てをし母親となる。

恋する乙女が、妻という安定した地位に落ち着くと、

幾分か女性としての意識が薄れる傾向がある。

母親業に重きを置くからか、安定株を得た安心からか、

女性磨きを怠り出すと、急速におばさん化が進む。

色気よりも、食い気が増したり、

ダイエットの願望はあるものの、食欲には勝てない。


それでも、夫にとっては、母ではなく、妻である。

「妻であるからには、女性としての魅力を保って欲しい」
と夫は、きっと思っている。

そういうと、妻側にも、きっと夫への言い分がある。

「おじさん化」という話で反撃される。

双方とも、若々しさを保つ努力は、無駄じゃないと思う。

若々しいとは、色気のことかもしれない。



下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。