10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

426.【自己評価】

2009年11月30日
自己評価って難しい。

低すぎると、モチベーションも低いし、
元気や覇気もない状態になったりする。
逆に、
高すぎると、自惚(うぬぼれ)れがあり、
高慢になったり、他者のアドバイスも聞かない状態になる。

自己評価って難しい。

評価は、本来は他者がするものである。
だから、
自己評価する前に、物事に取り組む「姿勢」について
己の意識管理をしなければいけないのかもしれない。

他の人に指摘されないように努力するというよりも、
隠し事のできない自分自身に指摘されないように、
プロ意識を高めることが、先決かもしれない。

そういう意味では、「自己評価」よりも「自己意識」である。
何事に取り組むにも「姿勢」が肝心だと思う。

他者の評価が低い段階では、自分の意識を信じるしかない。
それは、究極の自己満足なのかもしれない。

しかし、
素人意識の自己満足は、他者の評価が低いが、
プロ意識の自己満足は、他者の評価を高めると思う。


プロ意識を高めよう。

いずれにしても、いつかはその評価を受けることになる。

さて、
自分の意識を吟味しつつ、また踏ん張ってみるか。





下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

スポンサーサイト
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

425.【事業仕分け】

2009年11月27日
今、ニュースでは連日のように「事業仕分け」のことを報じている。

限られた時間ではあるが、パッパ、パッパと答えを出すのは、なんとも気持ちがいい感じがする。
もちろん、詳しい内容につてはいろいろな問題も抱えているとは思う。

人は、短い時間内に結論を出さなければいけない時もある。

この「事業仕分け」は、私たち個人にも導入したいシステムだと思う。

自分がやっている事がらが、本当に必要なものなのか
今一度、吟味(ぎんみ)することも有意義かもしれない。

その判断基準は、個人の価値観で違うだろうけど、
損得だけでは、勘定(かんじょう)したくないものだ。

価値の有る無しは、勘定じゃなく、
先を見通す力、信念、愛を加味していきたい。




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

424.【総仕上げ】

2009年11月26日
12月第1週の日曜日は、
毎年「NAHAマラソン」が行われる。
2万人以上のランナーが走る姿は、
なかなかいい景色である。
いつも、沿道で応援している。

私はかつて3回参加し、1回だけ完走した。

参加してみて感じたことは、
中間地点までは、楽しく走ることができるが、
半ばを過ぎると、膝にガクンと痛みが来るということ。

マラソンは、中間点を過ぎてからが勝負だ。

これは、人生にも言えることかもしれない。

中年も過ぎると、いよいよ人生の総仕上げ
自分の人生の意味について
答えらしいものを見つけることができれば幸いだ。

母を介護していていつも思うのは、
人生は短いということ、
元気なうちにやるべきことをやっておくこと、
いつでも覚悟を決めておくこと。

人は、いつまでも生きるわけじゃない。
人は、いつまでも元気なわけじゃない。

病気・事故・事件は、突然人を(おとしい)れる。
それでも、自分の人生に意味があることを見いだせる
そんな心の備えが必要になると思う。

哲学、もしくは信仰が必要だと私は思う。




今の時期、11月の沖縄では、南洋桜が、咲き誇っている。(トックリ木綿とも言う)
(写真をクリックすると拡大)
花11月




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

423.【何を聞き、何を見る?】

2009年11月25日
人が意見を述べるときに、
聞く人は、少なからず
その人が言っていることよりも、
言っているその人を見ていたりする。

先日テレビで、
「日本人の忘れもの」という番組があった。
その中で、所ジョージさんの主張に感銘を受けた。

その内容は、
「みっともない」ということについてだった。

日本人から、みっともないという感覚が
失われつつあるとのこと。
できちゃった婚は、本来みっともないのに、
それを堂々と言い、みっともないと感じない。
ゴミ分別の名の下に、ゴミを堂々と出す。
本来は、ゴミを出さないようにすべきなのに。
自動販売機で飲食物を買い、歩きながら食する。

それらの当たり前になりつつある日常を
「みっともない」という言葉で気付かせてくれる。
そんな機会だった。

ところが、インターネットで調べてみると、
感動した人だけじゃなく、反対意見も多い。
その多くは、所ジョージさんの立場を解釈する。

「そう言うなら、缶コーヒーのCMするな」とか
「金持ちの言い草」とか

反対意見を述べる人の多くに
「お前には言われたくない」という気持ちが見て取れた。

人の意見に反対しようと思えば
いくらでもでき得るだろう。

しかし、そこから得られるものは少ない気がする。
反対するのなら、発展的な意見を基いにすべきで、
相手の立場を責めるべきではない気がする。

誰が述べようと、いい意見はいいものとして
受け入れる態度が必要だと思う。

例え、嫌いな人が述べようと、
いい意見は、いいと認めたい。

私は、所ジョージさんが好きだから、
いいと思った訳じゃなく、
素直に、その意見に一理も二理もあると思えた。




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

422.【日課】

2009年11月24日
毎日繰り返されるのを日課と呼んだりする。
日課は単純作業的に繰り返される。

それゆえに、人生においては、
取るに足りないものだと思ってしまいがち。

でも、日課に組み込まれた習慣や思いが、
結局その人自身を形作っていく気がする。

自分を成長させたいのなら、
その為の作業を日課に組み込むのが近道だろう。

単純作業が、積み重なって、
複雑な人間というものを育て上げるのかもしれない。




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

421.【アドバイス】

2009年11月19日
臨床心理学者の河合隼雄先生の著書に
「こころの処方箋」という本がある。

この本の中の、こんな一言が印象に残る。
「100%正しい忠告はまず役に立たない。」

タバコを止めたい喫煙者に、
「タバコは健康を害します。」
と言ったところで、それは百も承知である。
本当に役立つアドバイスとは、失敗するリスクを伴い、
それでもこれに懸けてみるという態度が必要とのこと。

例えば、
「1日で数百本吸えば、嫌いになって止められるかも」
という危険を伴うアドバイスも有り得る。

人生のアドバイスのための提言法則というのも、
それに似て100%正しい例外の無いものだとしたら、あまり役立たないものになるのかもしれない。

ある程度限られた範囲内でしか適応できない法則であっても、その範囲内にいる人には、役立つことがある。

たとえば、
「例外のない法則はない」
という法則にも、例外があることになり、
「例外のない法則がある」ことになるが、
それは、最初の法則と矛盾する。
このように、
例外ばかり考えてもしょうがないこともある。

でも、極力その適応範囲を広げる為に、
例外を検討するのは有効だと思う。
すべての例外に適応するのは無理だとしても。

結論。
個人の提言は、ある意味、
偏見だったり、極論であったりする。
例外もいっぱいある。
それでも、それを述べることには意味がある。

意味がある人には、意味がある。




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

420.【恋】

2009年11月18日
は、をより女らしくさせ、
また、も女らしくさせる。

した者は、心が敏感になり、
デリケートになっていく。

普段泣かない男でさえ、
涙を流すこともある。

男が、女々しくなるのは、
しているからだ。

は、男の弱点である。

とは言え、
男をさらに男らしくするのも
実は、のなせる業。
愛しい君を守るためなら、強くもなれるし、
に悩む時には、弱虫にもなる。

「僕イケメン」の狩野英孝氏は、
「涙」という素敵な歌を作った。
その歌が、気に入ったので、その歌詞の一部を紹介する。

「君を、君と
いろんな国へ、行ってみたい。
いろんなとこで、キスしたい。
いろんなことから、君を守りたい。
いろんな夢を、君と叶えたい。」


要するに、
すると、感情も生活も(あわ)ただしく、
不安定になるということか。




狩野英孝 「涙」




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

男と女の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

419.【夫婦とは】

2009年11月16日
人生は、一本の鉄の棒が、どこまでも続くよう。
いくつもの鉄の棒が、あらゆる方向を指して伸びている。
それは、人それぞれに行先が違うことを意味している。

一本の鉄の棒は、
やがて、行先が同じもう一本の鉄の棒を見つけ、
寄り添うように並んだ。
そして、夫婦となった。

夫婦とは、線路のようなもの。
少し離れて、いつまでもどこまでも
一緒に生きて行く存在。




関連過去記事; 第285話【平行線と交わり】




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

418.【ライオンの狩猟】

2009年11月14日
ライオン等の肉食獣は、
狩猟できなければ、それは死を意味する。
だから、獲物を狩るときには、
まさしく命がけである。

そんなライオンも、
獲物を獲った後は、気が抜けるのか、
コヨーテなどのちょっかいに嫌気がさして、
せっかくの獲物を(ゆず)ってしまうこともある。

なんだかなー
男子の、恋にかける狩猟と似ている気もする。
恋する人を我がものとするまでは、命がけなのに、
獲得に成功すると、気が抜けたせんべいみたいになってしまう。
結果、相手をいい加減に扱ったり、浮気したりと、散々。

もちろん、すべてがそういう(やから)ではない。

ただ、芸能人の恋愛話を聞いていたら、
綺麗な女性タレントでも、結構、獲物にされていて、
貧弱な恋愛経験談が聞こえてきたりする。

釣った魚に、餌はやらない男か
釣った魚こそ、餌をやる男か、
よーく判断して、素敵な恋愛をして欲しいと願うばかりだ。




関連過去記事; 第13話【釣った魚に・・・】



下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

男と女の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

417.【納得の仕方】

2009年11月13日
納得(なっとく)にもいろいろあって、
「全くその通り、同感する!」
という完全納得もあれば、

「わかる、わかる!」
「ある、ある!」
「そうとも言うね!」
「そんな見方もあるね!」
など、部分的納得という方法もある。

例えば、マーフィーの法則からの抜粋で、
「急いでいるときに限って、次々信号は赤になる」とか
「食パンを落とすと、バターを塗っている方から落ちる確率は、カーペットの値段に比例する。」とかがある。

これは、科学的根拠というより、人間の感性に近い法則だと思う。
この種の法則に反論するのはあまり意味がない。
「そうだ、そうだ」と部分納得する方が、ずっと有意義だと思う。

個人の価値観は、マーフィーの法則に似て
その個人が人生経験を通じて培ってきた法則のようなものだと思う。
人は、経験が深かろうが浅かろうが、道を選択するときには、
決断しなければならない。
決断するためには、自分の中で結論を出さなければならない。
その結論が、現時点でのその人の持つ法則となる。
もちろん、法則は変化して行く。

だから、人の意見を聞くときには、
部分的に納得できるところを探して、
そこに共鳴することが大事。
そうすると、人間関係に心地よい和音が生まれる。

そこから話を展開していければ、
たとえお互いの意見や考え方が違うものだとしても
和音を積み重ねて、音楽が形作られていくように、
素敵な人間関係が育っていくのだろうと思う。




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

416.【世界一幸せ】

2009年11月12日
世界一幸せになろうとしたら、
それは、どんどん遠退(とおの)いていく。

誰かを世界一幸せにしようとしたら、
それが、いつの間にか近づいている。
それが幸せというやつの特徴。

幸せというのは、人がいて、
その関係性の中に生まれるものだから。

世界一幸せにしたい人を持つことが、
幸せの近道かもしれない。




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

415.【王子とお姫様】

2009年11月11日
は、王子様を待ち望みつつも、
その働きは、ナイトを期待していた。 


は、お姫様を待ち望みつつも、
その働きは、召使(めしつかい)を期待していた。


王子とお姫様は、めでたく結ばれたが、
お互いの幻想は、やがて打ち砕かれた。

王子と姫の夫婦は、
お互いを従わせようとして失敗し、
覇権争いに明け暮れた。

一方、
従者同士の夫婦は、
互いに仕え合って、幸せに暮らしたとさ。




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。