05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

330.【才能】

2009年06月28日
[うたの日カーニバル] ブログ村キーワード

6月27日の土曜は、
夫婦でコンサートに行った。
ビギンの主催する「うたの日カーニバル」だ。
数年前までは「歌の日コンサート」という名前で
その頃は、有料だった。
カーニバルになってからは、無料で開催している。

6月23日が、沖縄の終戦記念日「慰霊の日」であり、
「命のお祝いをしよう!」
というビギンの呼びかけで、毎年行われている。

今年は、特に明石家さんまさんの歌を
ビギンが作ったとのことで、そのお礼に
明石家さんまさんが、司会をすることになった。
それで、多くの観客が例年より多く訪れた。

司会は、明石家さんま、ガレッジセール、
きゃんひとみ

出場者は、演奏順に紹介すると、
オールジャパンゴイス、シャカリ、多和田えみ、
The Boom、大城クラウディア、
前川守賢、鳩間加奈子、
とりはBeginだった。

The Boomの「島唄」も最高だった。
さりげなく、大物も出るところがいい。

そして、ビギンはコンサートの最後に
「笑顔のまんま」を歌った。
会場が一体になるほど、最高に盛り上がった。
「人生、生きてるだけでまるもうけ!」
という歌詞の後で、会場のみんなで
「オー!」って叫ぶのが良かった。

さんまさんの、娘さんの名前の由来が
「生きてるだけでまるもうけ」=「いまる」らしい。

命のありがたさを感じられる歌詞だと思う。

それにしても、
ミュージシャンにしても、芸人にしても、
人の才能というのは、
人を喜ばすためにあるものだと
つくづく思うひと時だった。

人は、自分の才能を人を喜ばすために使うのだ。
そうすれば、人も自分も倖せになれる。

お陰で、とても楽しい人生の一こまを過ごせた。

ありがとう、♪♪♪ (⌒O⌒)♪♪♪
ビギン、さんまさん、そしてみんな。



「笑顔のまんま」聞いてみたい方は、こちら。


画像をクリックしたら拡大します。
うたの日看板 コンサート入り口の看板
うたの日画像 スクリーンに映っているのは、さんまさん(右)とまんまちゃん(左)ぼやけてしまいました。




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
         にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
(最近の順位)    (12位)       (21位)        (28位)

                  人気ブログランキング
   (家庭不和9位/結婚生活62位)     (結婚生活76位)
スポンサーサイト
人生の法則 | コメント(1) | トラックバック(0)

329.【素行・素養】

2009年06月27日
「中国情報局」という面白いHPを見つけた。
そこで、よく取り上げられるのが、
日本人の「素行・素養」についてである。

中国の経済発展は目覚しいが、
その中国人が、日本に対し、
一番(うらや)ましがるのが、
その素行・素養の良さである。

他者から()められるのは、嬉しいことである。
と同時に、意識したいのは、
たとえ個人的な行動であろうと、
この国際時代には、
まるで日本人全体の代表のように
個人が見られているということである。

それこそ、
毎日、素行調査されているようなものである。

普段の心がけが、
そのままその人の素養であり、
それが表に表れると、素行となる。

見られていることを意識しながら、
それが、意識しないでもできるまで
素養を高めていけたらいい。




    <<その他の、中国ブログ記事>>
「痰を吐かないだけでも、日本人の素養の高さが分かる」
「生卵を通じて感じた日本人の恐ろしさ」
その他





下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
         にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
(最近の順位)    (12位)       (21位)        (28位)

                  人気ブログランキング
   (家庭不和9位/結婚生活62位)     (結婚生活76位)
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

328.【頑張る動物】

2009年06月25日
動物は、だた生きているわけじゃない。
生き抜くために、精一杯頑張っている。

就労しているわけでもなく、
耕しているわけでもなく、
何の財産も、お金も持たず、
でも、
毎日、食を探して、頑張っている。

人間だけが、明日をわずらいつつ、
生きる気力を無くしたりする。

ただホイホイ歩いている野良犬も、
川上に向かって泳ぐ魚も、
生きる為に必死である。

頑張らない動物を見たことがない。

足を事故かなんかで、切断したばかりの
血をしたたらせた犬でさえ、
えさを探してごみ箱をあさっていたのを見たことがある。

「動物には、不安に思ったり、考える力が無い!」
と言えばそれまで、もう何も学べない。

頑張るというのは、知能とは関係ない。
生きる為に、前向きに進んでいる姿を
頑張る姿と見よう。

見方、考え方により、
人は、何からでも学ぶことができる。
それが、前向きな人間の生き方かもしれない。




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
         にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
(最近の順位)    (10位)       (23位)        (29位)

                  人気ブログランキング
   (家庭不和7位/結婚生活45位)     (結婚生活77位)
人生の法則 | コメント(2) | トラックバック(0)

327.【こだわり】

2009年06月24日
「こだわる」という言葉は、面白い。
もともとは、些細(ささい)な事くだらないことに執着する
という意味だったらしい。

しかし、
現在では、比較的良いイメージで使われる。
こだわりを持った人に、一目置くような感じである。

価値観の多様化にもよるが、
他人がは、些細なことだと
関心を寄せないことでも、
自分としては、なおざりにできないことがある。
それが、その人の「こだわり」になる。

つまり、
何にこだわるのかが、その人の個性となる。
個性とは、他者と違い、自己主張できる何かである。

私は、何にこだわっているのだろう?

より良く生きるためには、
捨て去るべき「こだわり」
守るべき「こだわり」があるのかもしれない。

そして、
こだわりが、変化するとき、
個性も多少変化しているのかもしれない。


関連ブログ: 「大泉千路のブログジャーナル」



 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
         にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
(最近の順位)    (11位)       (21位)        (26位)

                  人気ブログランキング
   (家庭不和7位/結婚生活45位)     (結婚生活77位)
人生の法則 | コメント(2) | トラックバック(0)

326.【男と女の情熱】

2009年06月23日
女性は、環境適応能力が男より()けている。
その分、場を読む能力も男より上だ。

つまり、
「情熱」でさえ、時と場所を選んでコントロールする。

だから、
女性は、環境順応型人生かもしれない。
結婚する相手が、どこの国の人だろうと
付いて行って順応する能力がある。

一方
男は、時と場所を選ぶ余裕なんてない。
男にとって、大切なのは、
「情熱」があるか、無いかだけである。


猪木さんの合言葉
「元気があれば何でもできる」は、
男にとって、
情熱があれば、何でもできる」と置き換えることができる。

また、「何でもできる」という言葉には、
「環境を、変えることだってできる」
という意味合いが含まれる。
男は、環境を自分に合うように作り変えようとする。

だから、
男は、環境開拓型人生なのかもしれない。



     <関連過去記事>

  第136話 【生まれ変わったら】
  第57話 【DV】
  第30話 【テリトリー;縄張り】
  第10話 【環境との相性】
  第2話  【夢と現実(男女差)】
  第1話  【結婚後変わったこと】




 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
         にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
(最近の順位)    (11位)       (21位)        (26位)

                  人気ブログランキング
   (家庭不和7位/結婚生活45位)     (結婚生活77位)
男と女の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

325.【運命と意志】

2009年06月22日
「運命とは、実は意志なのである。」
エッセイストの林真理子さんの言葉に
納得である。

人生の分岐点(ぶんきてん)に、いつも自分の選びがあり、
それによって、最終的な結果が異なってくる。

その結果は、自分の選びによってもたらされる。
たいていは、選び自体に、自分の意志が反映される。

だから、
人生は、自分の意志の総和なのかもしれない。

今この瞬間でさえ、自己の選びによって、
時間を使っている。

時に流されないようにするには、
意識的に「意志」を(つらぬ)く「信念」が必要かもしれない。

「意志」にわざわざ「意識的に」と付けるのは、
自分の意志でさえ、気づかずに流されることが
往々(おうおう)にしてあるからである。

信念を貫くのは、なかなか難しいことだ。

時は、まるで、激しい川の流れのようで、
つい、流れに身を任せて、(ただよ)ったために、
時間を無駄にすることだって多々ある。

目標を定めて、川底に足を固定しながら、
じっくり前に進むしかない。

川に住む魚でさえ、
流れに向って泳ぐのは、生きている魚だけ、
死んだ魚は、ただ流されていくのみ。

死んだ魚の目をして、人生を送りたくないものだ。



 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
         にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
(最近の順位)    (9位)       (18位)        (24位)

                  人気ブログランキング
   (家庭不和5位/結婚生活35位)     (結婚生活53位)

人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

324.【10人の異性】

2009年06月19日
10人の素敵な異性がいた。
全員が、自分に好意を持っていた。

すると、
女性は、その中から最も素敵な人を選んだ。
9人の男に「ごめんなさい!」と言った。
1人の男に「あなただけが、好きよ」と伝えた。
その気持ちに嘘は無かった。

男も素敵な女性達に言った。
10人の女性一人一人に
「あなたが、好きよと伝えた。
その気持ちに嘘は無かった。

これが、男女の本能的な違いかもしれない。
だから、恋愛については、
優柔不断(ゆうじゅうふだん)な男がいたりする。
そして、最も素敵な女性さえも
失ってしまうのだ。
二兎を追うものが、一兎も得ない結末へと・・・

哀しい男の(さが)かもね。



 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
         にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
(最近の順位)    (9位)       (18位)        (24位)

                  人気ブログランキング
   (家庭不和5位/結婚生活35位)     (結婚生活53位)

男と女の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

323.【日常と非日常】

2009年06月18日
私達の生活は、日常非日常で構成されています。
日常生活がしっかり繰り返されるという基盤の上に、
非日常に対処できる心のゆとりが生まれます。

人生を有意義に過ごすには、
日常生活を大切にする気持ちが必要です。

ところが、やっかいなことに、
日常生活は、何気ない生活そのものです。
つまり、意識しない生活そのものでもあるのです。

だから、
日常生活を大切にする行為って以外に難しいのです。

そこで、
有意義な日常を過ごすための、ヒントがあります。

日常生活を大切にするには、
実は、非日常生活を大切にすることなんです。

逆説的ですが、
例をあげればわかりやすいかもしれません。

例えば、毎日「ありがとう」と言われるよりも
ありがとうの感謝を込めて、
毎月、夫婦で特別なデートをするとか、
誕生日や記念日をしっかり祝うとか、

毎日じゃなくていいんです。
特別が、いいのです。
いわゆるイベントというやつです。

日常生活の中に、ときどき行われるこの
イベントが、感謝をよりよく演出するのです。
人が、お祭り好きなのは、日常の中に、
非日常を求めているからかもしれません。

我が家のイベント行事を大切に!


関連過去記事: 第138話【ごはんとおかず】 第159話【わくわく】 第276話【夫婦の倦怠期Ⅱ】
      


 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。(最近の順位)
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
    (8位)       (16位)        (23位)

下記から、別のランキングをみることができます。
 (家庭不和7位/結婚生活45位)
人気ブログランキング (結婚生活53位)
人生の法則 | コメント(1) | トラックバック(0)

322.【自己防衛】

2009年06月17日
人は、意識的にしろ、無意識にしろ
己を守って生きています。

「自己防衛」は、
本能的に行われる部分が大きいのです。

己が溺れていては、
溺れている人を救うことができません。

だから、まず人は、自分が生きていけるように
自己防衛するのです。

ただ、自己防衛するときに、
その行為の善し悪しを判断する前に、
防衛行為をしてしまい、
それが、悪い結果をもたらすことも度々あります。

そして、防衛したつもりが、
逆に己を傷つける行為になってしまって、
余計に窮地に立たされるということもあります。

やはり、ここでも、
己の人生観を軸とした自己防衛でなければ、
その場しのぎになってしまい、
ぶれる生き方になってしまうのです。

人に対しては、
自己防衛しなければいけないくらいに
人を責めないように、心配りをし、

己には、
自分の自己防衛している行為が、
正しい方法かどうかを、
常に判断できるように、
冷静さを失わないようにしたいものです。



関連過去記事: 第240【追い詰めない】


 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。(記事アップ時の順位も添えます)
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
    (9位)       (18位)        (23位)

下記から、別のランキングをみることができます。
 (家庭不和7位/結婚生活46位)
人気ブログランキング (結婚生活55位)
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

321.【欲と人生観】

2009年06月16日
「欲」とは、人間の活動の原動力であり、
心身両面のエネルギーの元でもある。

だから、「欲=悪」ではない。

例えば、
ダイナマイトも原子力も、そのものが悪ではない。
科学的発明も、使い方次第で、
有益にもなれば、害にもなる。

「欲」もそれと同様である。
肝心なのは、「欲」のコントロール術である。

欲で思い出すのが、「煩悩」
毎年、大晦日になると、
除夜の鐘の音で108つの煩悩を清めているという。

ネットで調べてみたら、下記の説明を見つけた。

「仏教では、おおまかにいって、その根本に貪(むさぼり)・瞋(いかり)・痴(おろかさ)・慢(あなどり)・疑(うたがい)・見(悪い考えを持つ)の「六煩悩」があると考えています。
そして、その六つが「六識」、眼(見る)・耳(聞く)・鼻(嗅ぐ)・舌(味わう)・身(感じる)・意(思う)という基本的な感覚のそれぞれにあって「三十六」となり、さらにそれに過去・現在・未来の三つの時をかけて「百八」になるといわれています。」


新約聖書では、
イエスが、サタンに「欲」をけしかけられている。
サタンは、次の3つの誘惑を試みた。
1、石ころをパンに変えよ。
2、神殿の頂から飛び降りてみよ。
3、ひざまづけば、この世の富を全部あげよう。

この3つは、人間の欲を代表している。
①は、肉体的な欲を表し、
②は、地位や名誉などの権力欲を表し、
③は、富の欲を表している。
これら、全ての欲を見事にコントロールすることを
イエスは自ら模範(もはん)として示している。
(新約聖書;マタイによる福音書第4章)

「欲」は予め備わっているような
本能的な部分はあるが、
欲に溺れるのも、本能という訳ではない。

「欲」をいかにコントロールするのかが、
その人の、人間としての奥深さを物語る。

欲が表に見える人、欲を裏に隠している人、
欲を忌み嫌う人、欲に気づかない人、
人によって「欲」との付き合い方も色々だ。

「欲」昇華(しょうか)させるためには、
人生観というものをしっかり持つことが重要になる。

人生観がしっかりしていれば、
ぶれない生き方ができると思う。

人生観とは、
何の為に生きて、どのように生きて、
どのような死を迎えるかという、一連の流れを
心の中にシュミレーションすること、
つまり、想像力を伴った「信念」のことかもしれない。



 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。(記事アップ時の順位も添えます)
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
    (9位)       (18位)        (23位)

下記から、別のランキングをみることができます。
 (家庭不和7位/結婚生活46位)
人気ブログランキング (結婚生活55位)
人生の法則 | コメント(2) | トラックバック(0)

320.【妻の愚痴と商品苦情】

2009年06月15日
苦情を、喜んで聞きたい人なんていない。
同じように、愚痴だって聞きたい人はいない。

しかし、
企業では、商品に対する苦情は「宝の山」ともいう。
その苦情を解決することで、商品の価値が上がり、
企業の顧客対応の質が上がり、
新商品のアイディアが生まれる可能性だってある。

私は、さんざんこのブログで、
「愚痴を吐くべきじゃない」
ということを強調してきた。

愚痴には、毒気があり、
家庭という空間を汚染し、雰囲気を悪化させる。

しかし、この愚痴を無くそうとしても、
なかなか無くなるものじゃないことが、
だんだんわかってきた。

そして、あるアイディアが生まれた。

それは、受け手の(とら)え方の変化である。
愚痴は、女性の鬱憤晴(うっぷんば)らしかもしれない。
だから、口からださないことで、逆にストレスになる。
ならば、空気抜きをさせてあげよう。
パンクしないために。

そして、「愚痴」を、
「夫という商品」「苦情」だと捉えよう。
商品苦情ならば、真摯(しんし)に受け止めよう。
そして、自分とう商品のどこが悪いのかを
客観的に分析できるデータ収集としよう。

愚痴だと思えば、なかなか苦しいが、
商品苦情だと思えば、価値ある情報源に
変換できるかもしれない。

その苦情を解決してあげれば、
結果的に愚痴が減る。
夫の商品価値が上がる。

そんなことで、愚痴に対処しようかと・・・
夫のみなさん、いかがなもんでしょうか?


<愚痴に関する過去記事>
第33「女神さま」 、    第115「恋人と愛人」 、 第125「犠牲と効果の法則」
第128「目と耳の法則」 、 第180「食中毒」 、  第199「滅びる」
第243「犬に癒される理由」 、 第247「くれたって戦争」
第287「夫婦円満」 、     第289「ABBA」 、 第304「鼻歌」 など



 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。(記事アップ時の順位も添えます)
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
    (7位)       (19位)        (25位)

下記から、別のランキングをみることができます。
 (家庭不和9位/結婚生活55位)
人気ブログランキング (結婚生活52位)
夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(1)

319.【男と女の憧れ方】

2009年06月14日
男は、憧れの人を画像で(とら)える。
女は、憧れの人を動画で捉える。

は、憧れの人を見ることで満足する。
ただただ、近くで見ていたいし、
景色を眺めるように、絵を見るように、
(たたず)んでいつまでも見ていたい。
それが、憧れというもの。
だから、憧れの人の画像を脳に焼き付けている。

は、憧れの人が、どんなことを考えているのか、
何を言ったのか、そして何をするのか、
一言一句見逃さないで、全部を捉えたい。
人生そのものの生き方を見てみたい。
できれば、一緒に生きていきたい。
せめて同じ時代を。
それが、憧れるということ。
だから、憧れの人の動画を記憶にとどめている。




 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。(記事アップ時の順位も添えます)
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
    (9位)       (17位)        (23位)

下記から、別のランキングをみることができます。
 (家庭不和13位/結婚生活60位)
人気ブログランキング (結婚生活54位)
男と女の法則 | コメント(0) | トラックバック(1)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。