03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

284.【喧嘩のルール】

2009年04月29日
今回の話は、
犬も食わないという夫婦喧嘩についてである。

夫婦喧嘩なんて、すぐに納まるから、
いちいち口出ししなくてもいいという意味。

夫婦喧嘩にもいろいろあって、
すぐに納まるストレス解消的なものもあれば、
いつまでも尾を引くものもあると思う。

なぜ、尾を引くかといえば、
たぶん、ルールを無視した喧嘩で、
心が相当傷ついたせいかもしれない。

喧嘩にも、ある程度のルールが存在すると思う。
夫婦によっては、独自のルールを決めているカップルもあるらしい。それはそれでとてもいいことだと思う。

ここでは、普遍的な最低限のルールを考えてみたい。

まず、第一に、その人の過去を攻撃しないということ。
といっても、喧嘩はある意味、全部過去の行為について不満を持っているから起こっている。
ここで言う、攻撃しない過去とは、直接的に喧嘩の発端とは関係ない、それ以前の過去のことである。
当然ながら、過去は変えることができない。
攻められた相手は、どうすることもできないので、反撃すべくまた相手の過去の出来事を持ち出す。この繰り返しで、心を傷つけ合うことになる。

第二に、相手の人格を攻撃しないということ。
これも、人格がいやだから喧嘩になってる場合もある。
難しいニュアンスだけど、
要するに、全人格的な否定をしないということ。
「人間として最低ね!」
みたいな最終兵器は、別れる覚悟で使うもの。
これらの言葉は、
「それを言っちゃお終いだね!」
という展開になる恐れがある。
それほど、相手の人格の「核」を突くので、核兵器である。

そして、第三は、他者と比べないということ。
他者と比べたって、他者にはなれない。
自分は自分である。変えることのできないものを要求しても解決策にはならない。

以上が、最低限の夫婦喧嘩のルールと思う。
このルールを無視した言動は、すべて最終兵器並みの威力を持つ。

できれば、非核三原則を夫婦にも取り入れたい。
それは、
1.過去の、失敗を暴く核兵器は使わない。
2.相手の、人格を突く核兵器は使わない。
3.他者と比べる比較攻撃をしない。
ということかな?

ほかにも、いいアイディアがあれば教えてください。



参考; 1.http://www.d1.dion.ne.jp/~kalinka/china/colum/colum2/kenka.htm
     2.第28話 【非勝三原則】


 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ 結婚情報サービス比較

スポンサーサイト
夫婦の法則 | コメント(3) | トラックバック(0)

283.【整備力】

2009年04月28日
前回、ドライブというタイトルだったので、
今回も、自動車整備に関連付けて話そうかと思います。

ドライビングが好きな人でも、
余程、車が好きな人でもない限り、
自動車の整備技術は持ち合わせていません。

誰もが、ドライブは楽しめても、
車そのものの知識までは追求しようとしません。
何故なら、
故障すれば整備工場に持っていけばいいし、
プロに任せた方が、安心安全だからです。

ま、車の場合はそれでいいと思います。

さて、
「夫婦生活」「車」に例えたらどうでしょう?
ドライバーは、夫婦

夫婦生活という車が、故障したら、誰に()せますか?
自動車のように、適切な整備工場があるでしょうか?

やはり、
一番の整備士は、夫婦自身であるべきだと思います。
誰が、責任もって夫婦関係を修復するのでしょう?
誰も、その責任を負いかねます。
当事者こそ、その責任を負うべきです。

だから、
「夫婦生活」という車のドライバーである「夫婦」は、
同時に「整備士」にもなる必要があります。
整備力をつけなければいけません。
夫婦とは、どういうものなのか。
どうすれば、上手くいくのか。
潤滑油(じゅんかつゆ)の役目は何なのか。

また、異常音があれば、
すぐにでも、その原因を探索し、
問題の解消に努めなければいけません。

壊れてしまってからでは、遅いのです。
熟年離婚は、異常音をそのままに放置した結果でしょう。

こんな格言があります。
「いかなる成功も、家庭の失敗を(つぐな)うことはできない」



 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ 結婚情報サービス比較

夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

282.【ドライブ】

2009年04月27日
ゴールデンウィーク間近です。
五月晴れになると、ドライブ日和になります。

でも、内地での4・50kmの高速道路渋滞は、
大変なんでしょうね?想像しただけでも疲れそうです。
沖縄での渋滞は長くてもせいぜい3,4kmです。
それでも、GW中の渋滞を嫌って遠出しません。
半径20km以内で過ごします。

さて、
ドライブといえば、デートの定番かもしれませんね。

もし、
夫婦をドライブに例えるとどんな感じでしょうか?

私が思うに、
助手席にもハンドルがついている車でのドライブに
例えられるのではないでしょうか?

二人の向う目的地、
すなわちお互いの、望む夫婦像が同様なら
きっと、運転は楽でしょう。
交互に運転を交代し、ドライブを楽しめるかもしれません。
方向が同じだから、その運転を相方に任せられるのです。

しかし、
もしお互いの向う方向が食い違っていれば、
ドライブは、困難を極めるかもしれません。

同時に違う方向へハンドルを切れば、
車は前進すらできない状態になります。
また、相方にハンドルを預けることは、
自分の望む方向と違う方向に、連れて行かされることになります。

楽しいドライブができるのかどうか。
それは、どこへ向おうとしているのか?
お互いの方向性に合意があるかどうか?
相手に運転を任せられるかどうか?
それにつきると思います。

夫婦は、恋人とは違います。
お互いの人生に責任を負わなければなりません。
そんな“決意”をもって、
一緒に生きていく覚悟が必要なのです。

ドライブは楽しみたいものです。
結婚が、行楽になれれば幸いです。



 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ 結婚情報サービス比較


夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

281.【やさしさ】

2009年04月26日
行動のない優しさは、
期待する分、相手にとってはむしろ害になる。

小さな命に対して、誠実に行動しないのなら、
大きな命を、任せられるだろうか?

我が身を戒める。



 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。


人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

280.【人生の落し穴】

2009年04月25日
人生の道中には、いっぱいの落し穴がある。
だから、目を見開いて、注意深く歩む。

それでも、ときどき巧妙な(わな)(はま)ることもある。
時には、落し穴だと分かっていながら、
自ら足を踏み入れる(おろ)かな行為もあったりする。
それは、子供が、雨上がりの水溜りをわざと踏んで歩くのにている。

でも、少なくとも、自らの意志でやったこととして、
それなりの反省もできるし、痛い教訓としての経験ともなる。

しかし、
ただでさえ、落し穴がいっぱいの道を、
目隠しして歩こうとする行為がある。

それが、今回、SMAPの泥酔事件のような
「泥酔」という行為だ。

可哀想に、草なぎ君は、
有名人であったがために、
一般人であったなら、小さな出来事で済んだものを
あんなに大きく取り上げられてしまった。

それが、社会的責任を背負っている者の辛いところ。

今後は、自らの意志が働かない状態に自分を置かないようにしたほうがいい。
でも変わらずに応援していきたい。

私は、一般人だが、
自分の意志が及ばない状態に、自分を置きたくない。
どう責任をとっていいのか分からないし、
その行為そのものを、反省できる意味付けができない。

うやむやのうちに、
自分じゃなかったことを、酒のせいにする以外に。



 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。


人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

279.【結婚は核融合】

2009年04月24日
人生を歩むとき、自分の中に確かな「核」を持つことが大切である。
「核」がある人は、自分が何者なのかがわかっていて、好き嫌いがはっきりしていて、その理由もわかっているという状態かもしれない。

人に左右されないが、それは(かたく)なというわけじゃない。
人の意見を、上手に自分の融合(ゆうごう)させることができるということだと思う。

そういう風に考えると、
結婚というのは、二つの核の「核融合」なのかもしれない。
融合というからには、お互い独身のときの自分とは違うものになるということ。

独身の自分を続けたいのなら、結婚してはいけない。

核融合を望むからには、それに伴う責任を負うという覚悟が必要だ。
自分が変化する覚悟だ。

自分が何者になるのか、わくわくしながら結婚を決意するといい。

お互いの「核」にふれあえるようなコミュニケーションを続けていれば、
いつまでも核融合の熱は冷めないだろう。

冷めた夫婦関係ほど、味気の無いものはないと思う。

ラブラブな夫婦でいたいのなら、相手のに響くような、
気持ちをこめた言葉を口にし、行動で示すことだ。

「言うは易し行うは難し」ということわざがある。

日本人の夫にとっては、
「言うも難し、行うはなお難し」なのかもしれない。

世の中には、「黙って行う」やさしい夫もいると思う。

でも、女性は、言葉で言って欲しいものかもしれない。

だから、
「言って、行う」ことが望ましい。

私も、肝に銘じておきたい。




 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。


夫婦の法則 | コメント(1) | トラックバック(0)

278.【妄想は想像力】

2009年04月23日
先日、市役所の6階に用事があった。
日頃の運動不足を解消するためにも、
エレベーターは使わないと決めている。

早速、階段を上り始めた。
すると、ちょっと年配の方が後ろから階段を上ってくるのがわかった。
「おっ!年配の方なのに頑張っていらっしゃる。」
と感心した。

2階を過ぎた。
年配だからそこまでだろうと思った。
しかし、さらに後ろから付いてくる。

3階を過ぎた。
さすがに体力的には、そこまでだろうと思った。
しかし、まだまだ上ってくる。

このあたりから、対抗意識が燃えてくる。
「年寄りには負けられない!」(失礼!)
4階を過ぎた。
まだまだ、付いてくる。

私は、後ろを強く意識しながら、階段を上る。
「どうだ!ここまでも来れるのか!」(失礼・妄想中)
彼は、5階に消えていった。

私は、心の中でガッツポーズをした。

が、しかし、よーく考えてみると、
彼は、だれと勝負したわけでもなく、
ただ、自分の用事のある階まで、歩いて上っただけのこと。

しかし、このわずかな妄想時間を楽しめた。
何気ない、日常生活に想像のストーリを楽しめる。
それが妄想時間

妄想&想像は、平凡な毎日に潤いを与えると思う。

妄想妻のブログも面白いからご参考に。 

上記の青い字をクリックすれば見れます。


 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。


夫婦の法則 | コメント(3) | トラックバック(0)

277.【色眼鏡】

2009年04月22日
物事をあるがままに見ることは、
実はかなり難しい。
どうしても、自分色の色眼鏡で見てしまう。
人の心は、無色透明ではないのだから。

事物というのは、現象としてそこにただあるだけ。
しかし、それを捉える人の心は、あるがままにそれを受け取ることができない。

錯覚(さっかく)という現象もその現れである。

人は、事物を、自分の生きてきた経験上の知識や経験で加工し、それをあたかも事実と同じ物として判断する。
しかし、勘違いは多々ある。

勘違いをより少なくするには、
そしてあるがままに受け入れるには、
豊富な経験、知識、想像力が必要になると思う。

なぜなら、人は、思ったこと、経験したこと、想像できることでしか、考えられない生き物だからだ。
自分の知識を超えた物事に出会うと、右往左往したり、頭が真っ白になったり、呆然と立ち尽くしたりする。

経験を積むことは、重要なことである。
でも、有限の人生期間で、個人が経験できることは、限られている。
限られた経験の中で、より正しい判断ができるためには、経験を補う豊かな想像力が必要になるだろう。

そのための、いい方法に読書がある。
読書というのは、読んで字のごとく「読むこと」と「書くこと」である。

だから、読みましょう。
そして日記でもいいから、自分の意見を書きましょう。

そうすれば、(いさか)いの元になる、誤解や勘違いが減るかも?しれない。



 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。


人生の法則 | コメント(1) | トラックバック(0)

276.【夫婦の倦怠期partⅡ】

2009年04月20日
倦怠期(けんたいき)とは、生活自体に面白みを感じなくなる症状だと思います。
ドキドキ感やワクワク感が失われ、平々凡々な日常に飽きてしまい、生活意欲が湧かない状態です。

その倦怠期を乗り切るキーワードは、「変化」です。
ドキドキやワクワクというのは、次に何が起こるかわからない時、期待が高まるような感情です。
つまり、日常じゃない何ものかを期待しているのです。

倦怠期をいち早く察知したら、生活に変化を付けてみましょう。
日常と違うイベントを計画するのです。
旅行、スポーツ、趣味など、夫婦で一緒に出来る何かを探すのです。手軽には、外食でもいいのかもしれません。映画もいいですね。

できれば、週1回くらいは、夫婦でデートをすることができれば理想的ですね。

第138話(下記)でも述べましたが、
日常生活を「ごはん」に例えるなら、変化を取り入れるイベントは、「おかず」です。
「おかず」の無い「ごはん」が味気ないのと同じです。

イベントは、いわゆる人生の記念日になります。
人生の想い出は、たいてい変化の記憶です。
平穏な日常の中で時々計画されるイベントによって、記憶が残り、想い出となっていくのです。

倦怠期には、次のキーワードを思い出しましょう。
変化、イベント、思い出、アニバーサリー(記念日)、
ドキドキ・ワクワク



参考:  第74話 【一緒にドキドキ】
     第122話【夫婦の倦怠期】
     第138話【ごはんとおかず】

参考URLは、こちら⇒。 「倦怠期カップルのテーマ」



 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。


夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

275.【浮く】

2009年04月17日
「あいつ、浮いてるなー」といえば、
場の空気が読めなくて、ずれている感じである。
この場合、「浮く」ことは、あまり良くない状態だ。

しかし、
「人生には浮き沈みがある」というときの、
「浮いた」状態は、成功している感じなので、
かなり良い状態だと言える。

浮く、浮かれる、浮気、など
「浮く」という言葉には、
いろいろな意味合いが存在しそうだ。

私は、子供の頃、3度ほど(おぼ)れたことがある。
浮こうとして、もがけばもがくほど、溺れる。

平常心では、水に浮くことができるのに、
恐怖感で無理やり浮こうとすると、パニックになって
浮くことが出来なくなってしまう。

なんか、人生にも当てはまるような気がする。
様々に起こる人生の荒波に、
平常心を保てるかどうかが、
人生の浮き沈みを左右してるのかもしれない。

平常心を保つには、
過剰な期待はせず、かといって落胆や悲観もしない。
適度な楽観主義が必要かもしれない。

明石家さんまさんの娘さんは、「いまる」という名前であることは知っていたが、その意味は、「きてるだけで、まる儲け」ということだと最近聞いた。
ほんと、さんまさんらしい。

それくらいの、楽観主義で生きていけたなら、
自然体で浮いていれるのかもしれない。



 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。


人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

274.「ダウン症の友へ」

2009年04月16日
何かの機会にもらったカードに
「ダウン症の友へ」という詩が載っていた。
なかなか考えされられるいい詩なので、紹介する。

「ダウン症の友へ」

君はむつかしい言葉を
話せないけど
みんなから愛されるのは
美しい言葉を
素直に話せるからなのね。
「ありがとう」
「ごめんなさい」

あなたはむつかしい言葉を
たくさん知っているけど
美しい言葉を話せないから
嫌われるのね


これは、真理かもね。
確かに、美しい言葉って、単純だよね。
単純なだけに、心が素直じゃないと、
なかなか口をついて出てこないね。



 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。


人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

273.【三人称】

2009年04月15日
英語の時間にさんざんよく聞いた。
「三人称単数」って言葉があった。

この人称には、一人称二人称三人称しかない。

「私」の一人称と、「あなた」の二人称以外は、
全部三人称である。

「第三者」という言葉は、「あなた」と「私」以外という意味だ。

自分の「心」あるいは、「人生」に一番影響があるのは、当然一人称の「私」そのものである。
その次に影響が大きいのが、二人称の「あなた」。
三番目が、三人称である。

しかし、不思議なことに、
一番大切なはずの一人称を犠牲(ぎせい)にできる人は、二人称や三人称から愛されるが、
最も大切なものを、大切にしようとして、
一人称の(おのれ)を最優先に考える人は、
結局、だれからも愛されない。

一人称を犠牲に出来る人は、自分を(ないがし)ろにしているわけじゃない。
(もともと、己を大事にしない人が、他者を大切にできるわけがない。)
己よりも、相手を大切にしようとする気持ちが犠牲となって現れているのだ。

その気持ちが伝わるから、愛されるのだ。

自己犠牲は、崇高(すうこう)な思いだからこそ、
そのことに、感謝を覚え、尊敬したいと思う。



 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)
記事を最初から読みたい人は、左の「月別アーカイブ」から開いてね。

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。


人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。