11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

194.【被害者意識】

2008年12月30日
今年、起きた秋葉原の事件は、
「被害者意識」の最たるものだったと思う。

「自分は、こんなに頑張っているのに・・
世間は自分に冷たい、運が悪い、周りが悪い・・」

そこまで、行かないまでも、
人間関係、とりわけ夫婦関係では、
大なり小なりそのような被害者意識が存在する。

「夫婦は補い合う存在」だと思うけど、
それは、お互いに助け合いながら、喜びを与え合うような関係が成り立っていることを仮定している。

しかし、お互いが何故一緒に生活し、
夫婦になったのかという根本を忘れてしまうと、
「自分がこんなに相手の不足を補っているのに、
相手は、自分を助けもしない。何で自分ばかり・・」

という被害者意識が芽生えてしまう。

被害者意識を心に生じさせないための考え方は、
「自分の行なっていることは、相手を助けるため、
相手の不足を補うために行なっている」

という考えを捨て去ることである。

これは、ただ相手の喜ぶ顔が見たいという単純な気持ちになることを意味する。
あるいは、たとえ相手が気付かなくても、それをさせてもらっている自分が嬉しいと感じる、究極の奉仕の精神を持つことかもしれない。

「情けは人の為ならず」とか「急がば回れ」という諺がある。
自分を倖せにしたいのなら、まず相手を倖せにすることに専念することだ。

結局、
「人は、自分を倖せにしてくれる人を大切に思うようになる。」これは真実だと思う。

不公平感や、不平等感ばかりに目が行くと、
自分にやがてやってくる福の神さえ追い返してしまうことになる。

まず、自分が相手にとって、福の神となることを考える。
そうすると、相手もやがて自分にとって福の神になっていく。
このように「福の神」は伝染する。

同じように、 「被害妄想」も伝染する。
どちらの考え方を、自分の家庭に満たしたいだろう?

自分の幸を捨てるものが、結果的に自分の幸を取り戻すという、聖書でも言われるような不変の法則が、存在する。




 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

スポンサーサイト
夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

193.【ゼロポイントフィールド】

2008年12月29日
ゼロポイントフィールドとは、量子物理学の
中で使われる言葉です。

物質と物質の間にある、何もない空間のこと。

今、その何もない「空間」に注目が集まっています。

何もないと思われていた、真空地帯に、
実は、不安定な揺らぎがあって、
それが、物質にも多大な影響を与えているという仮説です。

繰り返しますが
「ゼロポイントフィールド」 というのは、
物質と物質の間の何もない空間に、存在する何ものかを検討しているわけです。

「何も無い」 と言っておきながら、
「存在する何ものか」 を考えるとは、矛盾をはらんでいますが、
そこが面白いところです。

さて、専門的な話は難しく、物理学者に任せるとして、

私は、「恋のゼロポイントフィールド」 という概念について考えてみようかと思います。

恋は、まさしく、「間に存在する何ものか」 なのかもしれません。

どうして? 何故?
人は人に恋するのか、謎です。
いったい何が決め手になって、
恋に落ちるのでしょう?

私は、相手から発しているなんらかの波長
こちらの波長と共鳴し、体中の細胞に微細振動を起こして、恋という一種の和音を奏でるのかもしれないと思っています。

この共鳴音は、相手に会うたびに、
時に、強められたり、時に弱められたりしながら
影響を受け、強められた場合に、「恋」に発展していき、
本人の中で、その和音が外に飛び出して、
行動になっていくのかもしれない、と思うのです。

恋をすると、相手と私の間の空気にさえ
特別な意味があるように思えるから不思議です。
空気の揺らぎさえ感じたりします。


恋に限らず、日常生活の中でも
「ゼロポイントフィールド的発想」 はあります。

「場の空気読めよ~!」 という言葉。

これは、人と人の間に存在する何ものかを
「空気」という表現で言っているのだと思います。

そう考えると、「恋」も、その他の「人間関係」
「空気」すなわち「ゼロポイントフィールド」の中で
行なわれているのかもしれませんね。

考えてみれば、 「人間」という漢字
「人」の「間」という文字に、意味深い何かを感じます。

いや、人間だけじゃなく、
生きとし生けるものすべてが、振動しており、
自分特有のリズム、周波数を持っていて、
それらが、互いに影響しあって生きているのです。



「ゼロポイントフィールド」関連ブログ


 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

男と女の法則 | コメント(1) | トラックバック(1)

192.【ほんこーん】(歌)

2008年12月27日
数ヶ月前に、ネットサーフィンしていて
「ほんこーん」なる人物を知った。

その名の通り、香港の人で、女子高生らしい。

また、韓国には、同年代の「りる」という娘もいる。

この二人がネット上で
日本人の協力のもと、歌を発表した。
そのデュエットの歌声に参ってしまった。

この歌の発表にいたるまでのエピソードがまた面白い。
香港と、台湾と、韓国と、日本が関わって
この歌声に至ったとのこと。

とても、可愛くて、日本人より聞き易い歌声。
下記に紹介しているので、是非、聞いてみて欲しい。



さて、「ほんこーん」と言えば、中国。
中国と一言でいっても、言葉も人種も
かなり多様であり、多民族国家らしい。

中国は、一人っ子政策で、
女児が受難という。

一人っ子なら、息子を望む人が多くて、
女の赤ちゃんが捨てられる場合もあると聞く。

そんなこんなで、娘の比率が少なく、
育ってしまえば逆に、女性はチヤホヤされるという。

さて、チヤホヤされて、至れり尽くせりの場合、
女らしさが育つのかどうか、多少心配である。

男も女も、過保護になると
あまりいい人間性を育てきれない。

明石家さんまさんは、性格のいい娘を見ると、
「きっと子供の頃は、貧乏だったに違いない」と思うらしい。

偏見かもしれないけど、わかる気がする。




歌;「Peace of the world」(ほんこーん & りる)



「ほんこーん」さんの関連記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0809/05/news080.html

今夜11時30には、 「ハッピーアイランドへの手紙」ブログも更新予定です。

 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

191.【男の性分】

2008年12月26日
何故、男は働くのか?
何故、男は趣味をもつのか?
何故、男は浮気するのか?

男の本能的な性分について
考えてみようかと思う。

男は、基本的に“複数支配欲”がある。

何でも、複数支配である。

まず、男には「場」の複数支配欲がある。
「場」 とは、自分の居場所権力範囲
あるいはテリトリーと呼べるものかもしれない。

家庭においては、父親としての居場所
社会においては、仕事上の権限
趣味においても、自分の居場所を見つける。
しかしそれだけでは、満足しない。

飲み屋とかでも、行きつけの店を持ち、
まるで、犬のマーキングよろしく
あっちこっちに、足跡を残す。

戦国武将の名残りか
自分の影響範囲を広げたいのかもしれない。
それによって、自分の存在意義を感じているのかもしれない。

これが、場の複数支配欲のなせる業である。


さて、
男はよく浮気する。
それは、男の本能的な欲求と関係している。
その本能とは「異性の複数支配欲」である。

これについては、
第14話「男女の本能的“欲”の違い」 で述べた。


男を理解し、いい夫婦関係を築きたいと思うなら、
この男の性分を理解しなければならない。

家庭においては、できるなら父親の書斎とか
そうでなくても、居場所を作ってあげるとか。
夫・父親としての敬意を払うとか。
そんな工夫があると、効果絶大である。
夫は、家庭に自分のを見つけることだろう。

異性の複数支配欲を満足させるには、
浮気を認めてあげるのが、手っ取り早いのだけれど、
そんな身勝手を許せるわけないですよね。

それで、工夫するのは、
奥さんが、色々な面を持つ魅力的な女性になること。

家庭だけに留まらず、仕事、趣味、サークル、社会活動・・・など
多彩な面を見せる女性は、男にとって魅力的に映る。

それは、その女性の中に、複数の女性が存在し、
それが男の複数支配欲を満たすからかもしれない。

男は、女性に比べ、心と身体が分離している。
その分、身体の本能的な影響を強く受ける。


どんなに、社会的に地位のある人や
立派だと思える人ですら、
浮気している人は多い。

心の理想と、身体の思いが分離しているから
そのようなことが起る。

そこは、女性にとって理解しがたい部分かもしれない。



 (ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

男と女の法則 | コメント(2) | トラックバック(0)

190.【弱点】

2008年12月25日
弱点を、欠点、不得意、短所と捉えることもできる。

人は、完璧ではないから、
「弱点」のない人はこの世にいない。

人間社会そのものが、お互いの不足を補いあって
生活している。
人の弱点を、別の人が補うという形である。

しかるに、
人間関係においてのトラブルに
ときどき人の弱点を責める構図が伺える。

人間関係が濃厚である家族関係ですらそうである。

A「どうしてこれくらいもできないの!」
B「お前だって、・・・はできないくせに!」
攻め合いは、エスカレートするばかり・・・

人を責めている時の様子を観察してみると、
その分野において、自分は得意だが、
相手にとっては、不得意という構図が見えてくる。

つまり、自分の得意分野で、相手の不得意分野を攻めているのである。

例えば、
サッカー選手野球選手が、何かを決定する手段として、
サッカーで勝負を付けようとするのは、公平だろうか? 
あるいは野球で白黒を付けるのは?

たとえ、スポーツルールにのっとっていても、
設定が既に、アンフェアーである。

自分ができるからと、できない相手を責めていいものだろうか?
人は、自分の事を棚に上げてしか
人を責めることができない。


自分だって「弱点」があるのに、
今責めていることは、アンフェアーじゃないのかな?
そう、心の中で問うてみる必要がある。

人を責める時間があるのなら、
自分の弱点を補ってくれていることについて感謝を述べることの方が、より人間関係を良くすると思う。

それに、責める気持ちよりも、感謝を感じる気持ちの方が、
自分の、心の中に抱く感情としても気持ちがいい。

第134話「完全円と未完円」 も参考にしてね。



メリークリスマス!



下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(1)

189.【期待しない!】

2008年12月24日
「あなたに、期待してない!」
面と向かって言われたら、凹みますよね。

この場合の「期待しない」というのは、
積極的な相手否定になっています。

人は、否定されると誰だって凹みますよ。

今回の「期待しない!」というテーマは、
相手否定の意味ではありません。

むしろ、相手をあるがままに受け入れるために、
「自分勝手に相手に期待を寄せない」という意味です。

期待は、たいてい裏切られることを覚悟しなければいけません。

まず、
期待している場合の心の変化を考えてみると、

1.相手が期待通りの行為をしてくれた場合は、

期待した側の感情は、
「期待通りで嬉しい」「まあまあ良かった」「安心した」「それでいい」「あたりまえよ」「当然」など・・・

2.相手が期待はずれだった場合は、

期待した側の感情は、
「しょうがない」「がっかり」「幻滅」「これくらいしてくれてもいいんじゃない!」「怒り」「やる気なし」「期待した私が悪かった」など・・・


それに対して、相手に対して無理な期待はしないで、
ノーマルな感情の場合を考えてみると、


1.相手が何かをしてくれた場合

こちらが受ける感情は、
「喜び」「驚き」「感謝」「愛してくれていると感じる」「惚れ直す」

2.相手が何もしてくれなかった場合

こちらの感情は、もともと何も期待してなかったので、
何の感情を害する事もなく、普通に日常を過せる。


以上、二つのシチュエーションを比べてみても、
どちらが、人間関係が上手くいくのかわかると
思います。

つまり、夫婦関係でも親子関係でも恋人関係でも
余計な妄想的期待を相手にかけないほうが、
サプライズがあって、喜びが多いと思うのです。

そして、相手に期待されないノーマルな関係は、
気楽で、また手軽に相手を喜ばすことができるので、
お互いに有益だと思います。

余計な期待は、自分と相手にとって重荷になります。

いつも、ノーマルで、あるがままを受け入れる姿勢は
「相手に安らぎ」と、「自分に喜び」を与えるきっかけになります。


自分自身に期待して、そのように動くのはいいことだと思いますが、
人間関係においては、相手に期待を持つよりも、相手のために奉仕することができるように、自分自身の心を磨くことが、大切だと思います。
奉仕そのものに喜びを見い出せるように鍛えるのです。

それが、いい恋人関係、夫婦関係、親子関係を築くための基本原則ではないでしょうか?




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

男と女の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

188.【浮気について(2)】

2008年12月23日
このような法則は成り立たないだろうか?

「浮気する男性は、たいてい妻に対して優しい」

例えば、
男が女性に求めるものが、「10点満点」とする。

しかし、奥さんは、「4点」しかなかった場合、
「あるがままでいいよ!
君は君のままでいいんだから・・」


と優しく言えるのは、浮気性の男かもしれない。

その真相は、
「君は4点のままでいいよ。
 残りの6点は、他所で補充するから」
である。

ところが、浮気しない夫は、
妻に対して、4点で良しとしない。
自分も夫として、努力しないといけないが、
妻も女として努力して欲しいと思う。

4点を、5・6点と増やしていって欲しいと願うし、
そういう風に要求したりもする。
ま、優しくないといえば、優しくないのかもしれない。

夫婦とは、現状を受け入れつつも、
現状に満足しないで、互いに助け合いつつ
成長していきたいと願うものである、と思う。

夫は、男としての逞しさを身につけ、
妻は、女としての優しさを身につける。

そんな成長し合う夫婦がいい。

いつまでも、今よりも、もっといい関係になれるよう
努力し続けたいものである。

本当のおしどり夫婦とはそのようなものである。


参考; 第139話 「優しさと逞しさ」




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

187.【夫の浮気を考える】

2008年12月22日
というものを、はどう捉えているのだろう?

妻は、「人」であり、そして「女」である。

この二つを切り離すことはできないが、
あえて、どこに重点を置いて捉えているのかを
考えてみたい。

「人>女」なら、妻の人間性に惚れたということ。

人としての、生き方に共感を覚え、
一緒に人生を歩んでいきたいと思って、
結婚したのかもしれない。


「人<女」なら、女性としての魅力ある妻に惚れたということ。

女性としての心の癒し、細やかさ、容姿の魅力、
男として、虜になってしまったから、自分のものにしたいと思って、結婚したのかもしれない。


さて、奥さんの皆さんは、この二つの捉えかたで
どちらに重きがある方が、いいと考えるのだろう?

もちろん、それは、人それぞれだと思う。

妻というのは、いつまでも「女」として
夫に扱って欲しいと思っているのかもしれないし。


でも、あえて分析してみたい。

もし、
「女」の部分を強調するのなら、敵は多い。

なぜなら、世間の中には、優れた「女」が、たくさん
いるからだ。
それらの中で、一番であり続ける努力を怠ると、
夫の興味は、外の「女」に向かってしまう。

つまり、浮気の危険が常にあるということだ。


一方で、人間性を重視した夫婦関係を築けるなら、
敵は、少ない。

世界広しと言えども、「あなた」は一人しかいない。
一個の人間である「あなた」「夫」の関係も、
たった一つの関係となる。

「人間性」を磨いて、そしてそれから「女」も磨けばいい。

この順序が逆になって、「女」ばかりを強調すると、
どんなに頑張っても、若くて綺麗な子には勝てない。

「女」の意識が強いと、
夫の浮気ばかりが気になってしまい、夫に首輪を付けたがる。

人間ができた妻ほど、夫を自由にし、放し飼いにする。
良くできた妻を、裏切ることは、なかなかできない。

「恐怖政治、封建政治」 的 な家庭を作るのか、
「平和政治、奉仕政治」 的 な家庭を作るのか。

前者には、対話が少なく、力だけがあり、
後者は、対話が重要な役割をする。




因みに、私は夫たる男の浮気を、弁護するつもりもないし、弁解するつもりもないので、誤解のないように。



下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(1)

186.【内なる優しさ】

2008年12月20日
優しさとは、他者に対する「犠牲の精神」
あるいは「奉仕の精神」の表れである。

「自己犠牲や、奉仕の心が基本にあること」
これが重要である。

そうでなければ、不純な思いで「優しい行い」
提供されている場合もある。

だから、優しさを「行い」のみで判断してはいけない。

「思い」こそ、優しさの根源であり、本質である。

ところで、優しさには、二つの現われ方がある。

行いとなって外に現れるものと、
内なる思いとなって、外には現れない「優しさ」もある。

外に現われる「優しさ」は、相手に喜ばれたり、感謝の対象にもなったりする。

しかし、内なる「優しさ」は、その本人の気持ちの中だけで行われる「影の優しさ」である。

その内なる優しさとは、
「自分が、傷つかない」ということである。

人は、言葉によって意思の伝達を行なうが、
ときどきは、その言葉によって、
思いもしなかったことで、相手を傷つけてしまうということが起る。

しかし、それは「思いもしなかったこと」であり、
悪いことを意図したものでもなかった。

ただ、発した言葉そのものが持つ別の意味合いが、
相手に悪く伝わるということが起った結果である。

それが、人間関係のトラブルにもなりうる。

さて、内なる優しさとは、
相手が意図しなかった言葉を、いちいち取り上げて、
自分自身を傷つけないでおこうという、
まったくの自己内作業である。

いちいち人の言葉で、傷つき易い人もいる。
そういう人は、内なる優しさが弱いのかもしれない。

もちろん、言葉を発する人は、その言葉の意味についても、よく吟味する必要がある。
しかし、人間は完璧ではない。
だから、人を傷つけるつもりはなくても、
言葉が適切でない場合もあるし、言葉を受ける人が別の意味で取ったりする場合もある。

内なる優しさを持つ人は、
いちいちそのような言葉に対して、
自分を傷つけたりしない。

その言葉を自己修正し、相手が意図した意味のみで捉えようとする。

実は、
これが、できるようになると、
相手がわざと傷つけようと発した言葉でさえ
自分自身を傷つけないという副産物的な「強さ」も生まれる。

優しさを心に持つ人は、内的にも外的にも、
他人に左右されない、本当の強さを持っているということである。





下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

185.【価値観と方法】

2008年12月19日
日常生活においては、様々な問題が起こるものである。
第166話「人生は航海」で話したように、舟の行く手を阻む大波である。

夫婦になったからには、その問題に一致協力しながら
立ち向かう必要がある。

さて、問題は、「一致協力」というシステムである。
これには、二つの意味合いが含まれている。
一つは、「一致」という概念。
もう一つは、「協力」という概念である。

夫婦生活に起る問題を、解決するために、
夫婦って、何が一致しなければならないのだろう?

それは、「価値観」だと、私は思う。

お互いの価値観が違えば、問題の捉え方が変わり、
解決のゴールも違ってしまうので、
どちらか一方にとっての解決は、もう一方の解決にはならないことがある。
必ずしも両方の解決にはならないのである。

夫婦のゴールは、少なくとも同じ方角であるべきだろう。
同じ価値観を持つことは、円満な夫婦生活には、欠かせないものである。


さて、一致協力の「協力」が意味するものとは、何だろう?

価値観が同じで、目指すべきゴールが同じであっても、
そこへたどり着くための、「方法」は様々である。

個人個人が、自分の「方法」を持っている。
それは、夫婦においては違っていてもいい。

むしろ違うからこそ、色々な過程、手法が生まれ、
解決技法のバリエーションが生まれる。

その違いを通して、お互いの良いところ、すなわち自分の得意分野を活かして、相手の不足分を補い、
また相手からも自分の不足を助けてもらう。
それが、「協力」ということである。

このように協力するときに、互いの絆が強く結ばれ、
相手に対して感謝の念が生まれる。
そしてそのような姿勢で、問題解決に取り組むとき、厚い扉のカギが開く。


だから、いい夫婦になるための、
ベストな伴侶を選ぶポイントは、

「価値観」は同じ方がいい、「解決方法」は違う方がいい、ということである。





下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

184.【手にした権利】

2008年12月18日
人がひとたび権利を手にすると、
それを行使したいという欲が生まれてしまう。

大学時代に、心理学の名城嗣明先生の講義を受けた。
非常に楽しい講義で、面白おかしく、
いつまでも聴いていたいような講義だった。

その中で、子供の話をされたことがあった。
その話はこうだ。

「子供が小学生のうちは、夜の9時までに寝ることが、
家の決まりだった。中学生になって、息子さんは、その決まりから卒業した。夜の9時になるのを楽しみに待っていた息子さんは、9時の時報と共に、『子供は寝る時間!』と弟妹達を追いたてた。その夜、遅くまで起きて楽しんだ息子さんは、翌朝起ききれなくて、遅刻してしまう。・・・」

この話には、続きがある。
とうとうその状況を見かねた父親に呼ばれ、息子さんは、「権利を剥奪されるか」「自分でちゃんと管理するか」の選択を迫られることになる。

「権利」には、当然のごとく「義務」が伴う。

最近流行りの、「モンスター何とか」という人々は、
義務はさておき、己の権利を強く主張する。
もしくは、他人の義務を責め立てる。

人間関係における喧嘩は、だいたいがこのパターンである。
夫婦喧嘩、親子喧嘩、隣近所の喧嘩などに見られる。
つまり、自分の「権利」で、相手の「義務」を責める構図になっている。

もちろん、自分が正しく、相手が間違っていると思うから、相手を責めるし、相手もそう思っているから、お互い喧嘩になる。

一方、「和解」とは、その反対で、
自分の「義務」で、相手の「権利」を認めてあげることである。

しかし、
和解は一旦トラブルが発生してしまってからのこと。

人間関係において最もトラブルを回避するのは、
「奉仕」の精神である。

「義務」とか「権利」とかに囚われず、
ただ相手を喜ばせてあげたいという純粋な「奉仕」
より倖せな人間関係を築き上げることになる。

夫婦ならば、なおさらお互いに「奉仕」し合うことを学ぶ必要があると思う。



「権利」について話していたら、
いつか話したような記憶が・・・
ブログを調べてみたら、
第29話「権利と義務と」で話した内容と
ほとんど同じになってしまった。

まっ、いいか。これも考えたことの記録だから。

もう、ブログで何を話したか、分からなくなってきたくらい、記事が多くなってきたんだ・・・<(-^-)>(逆立ちして振り返る)




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

183.【権威は誰が与える?】

2008年12月17日
人は、権威、地位、名誉を持ちたがる。
何故だろう?

社会を形作る人間の本質的な欲求として、
その社会に認められたいという思いがあるのかもしれない。

さて、その権威は、いったい誰が与えるものだろう?

少し考えてみると、
「権威」には、大まかに2種類あるように思う。

その一つは、
すでに力あるものとして世間に認められた地位のこと。

例えば、医者や、教授、警察、社長など、
これらは、個人の努力しだいで勝ち取ることができ得るものである。

もう一つは、
その人の業績に応じて、人が与える「尊敬」の念のこと。

ガンジーや、ヘレンケラー、ナイチンゲールなど、
偉業をなした人は、多くの人から尊敬される。
人々が抱く尊敬の念が、その人に権威を与える。
つまり、個人で勝ち取るものではなくて、他人が与えるものである。
もちろん、その人の並々ならぬ努力があったことは、
否めないことである。


「権威」と一言でいっても、
前者の権威者は、いばりたがる人が多く、
後者の権威者は、謙遜な人が多いように思う。



家庭の場合、
父親が権威を振りかざすなら
「父」という呼び名が持つ、前者の権威者である。

そうではなくて、
父親が一人の男として、人生の先輩としての生き様を、
背中で子に伝えるとき、
家族から父親として尊敬を受け、
本当の権威を与えられるかもしれない。

権威者であればあるほど、謙遜であるべきもの。

「実るほど、頭を垂れる 稲穂かな」である。

態度で示す教訓ほど、権威のあるものはない。





下記をクリックすると、恋愛・夫婦関連の人気ブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ

下記から、別のランキングをみることができます。
 ブログ王 人気ブログランキング

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

人生の法則 | コメント(3) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。