04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

31.【日本女性は外国で“もてる”!】

2008年05月31日
日本女性は、外国でモテルそうです。
その理由はいろいろあるでしょうが、ある記事によると、

日本女性は「 Low-Maintenance 」 (メンテナンスいらず)
だからだそうです。

つまり、我がままじゃなく、あれこれと面倒もかけず、
気遣いがよく、尽くしてくれるというわけです。


それじゃあー、
日本男性は 「High-Maintenace」 ということ?

確かに、昔はそうだったかもしれないけど、

その立場って、最近、結構逆転ぎみじゃないですかね?

とにかく、
男女を問わず、
みんな、自分のことは自分でできる自立した関係でいましょうよ。
「Low-Maintenance」を目指しましょう!

自立といっても、
「人のお世話には絶対ならない!」と言い張るような頑固じゃ困ります。

自立していながら、人の助けも快く受け入れて感謝する。

そんな、柔軟な自立人同士なら、
きっと男女関係・夫婦関係も上手くいくと思います。

そう思いませんか?




下記をクリックすると、恋愛・夫婦関係のブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへにほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ


人気ブログランキングを見るには、こちらで選んでください!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログ王人気ブログランキング 


<こちらでは愛の深まる本を紹介しています>

スポンサーサイト
男と女の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

30.【テリトリー;縄張り】

2008年05月17日
一般的に男は、自分で縄張り(テリトリー)を作っていく生き物である。

女性はといえば、男が作った縄張りに入っていって、
適応する能力を身につけた。
いや、そこに新たな縄張りを作る能力を身につけた
と言ったほうがいいのかもしれない。


そのような訳で、
女がマンションを購入すると、婚期が遅れるというのは、
男性が、他人の縄張りに入る習性がないからだと言える。

さて、嫁と姑の仲があまり上手くいかないのは、よくあること。
なぜかといえば、嫁と姑の縄張りが重なるからだ。
特に台所は縄張りの本拠地である。

女が、男である夫の縄張りに入って適応できるのは、
男との縄張りがぶつからないからだ。

一方、姑の縄張りに入る場合は、両方とも相当大変な思いをする。

自分の縄張りに他所から侵略される姑と
すでにあるお城に奉公に出されたような嫁との
縄張り争いが・・・

「息子」と「夫」という共通の味方を軸にして
この争いは、心理作戦へと移行し、冷戦となる。


ああ、恐ろしや・・・

同居するなら、二世帯住宅をお勧めする。
双方の縄張りがぶつからないようにするのだ。

サザエさん家のマスオさんが、上手くいっているのは
男の場合、縄張りが重ならないからだと思う。





下記をクリックすると、恋愛・夫婦関係のブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへにほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ


人気ブログランキングを見るには、こちらで選んでください!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログ王人気ブログランキング 


<こちらでは愛の深まる本を紹介しています>

夫婦の法則 | コメント(2) | トラックバック(0)

29.【権利と義務と】

2008年05月10日
妻には妻の、夫には夫としての「権利」「義務」が存在する。
大抵、権利は主張したいが、義務は果たしたくないのが人間の常。

そのやり取りで、夫婦の揉め事が起こる。

お互いの「権利」が、相手の「義務」を攻撃目標にするのである。

攻撃する最大の武器は、自分が義務を果たしているという認識である。

「自分はこんなに頑張って義務を果たしているのに・・・」
という気持ちが宣戦布告前の冷戦状態である。

こういうわけで、お互いの権利と義務はいつまでも
和解することができないでいる。
夫婦喧嘩に勝敗がないのはそのため。

平和協定のために一番必要なものとは、

それは、「義務」と「権利」の間に

「奉仕」という平和の精神を入れることである。

権利も義務も主張しないで、

さりげなく、奉仕するのである。

相手を喜ばすことに、己の喜びを見出すのである。

情けは人の為ならず、めぐりめぐって自分の元へ。

喜びを与え合うのが、おしどり夫婦の原則。





下記をクリックすると、恋愛・夫婦関係のブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへにほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ


人気ブログランキングを見るには、こちらで選んでください!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログ王人気ブログランキング 


<こちらでは愛の深まる本を紹介しています>

夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

28.【非勝三原則】

2008年05月08日
夫婦喧嘩における「非勝三原則」というのを耳にしました。

以下がその引用です。

非勝(ひかつ)三原則  (全国亭主関白協会)

1.勝たない
話の内容を聞けば、ひょっとしてこのケンカ勝つかも知れないという思いが沸いてくることもあるだろう。しかし、反論をすれば1時間が2時間になるだけである。だから勝たない、のだ。

2.勝てない
仮にその問題が100%、亭主に分があるとしても、敵(じゃなかった愛妻)は、形勢不利とみれば20年も前の出来心の浮気を引き合いに出すに決まっているのである。だから、勝てない、のだ。

3.勝ちたくない
もし、勇気を振り絞って戦い、そのケンカに勝ったとしよう。愛妻は反省するだろうか?否、しない。次の機会にそのストレスが、5倍10倍になってはね返ってくるだけであろう。だから、勝ちたくない、のだ。


読めば読むほど、「なるほど」と思ってしまいます。

夫婦喧嘩は、どちらも勝てないようになっているのかもしれませんね。

こういうことも書いてありました。

愛の三原則
・「ありがとう」をためらわずに言おう。
・「ごめんなさい」を恐れずに言おう。
・「愛してる」を照れずに言おう。  (全国亭主関白協会)



是非みなさんも、参考になさってください。





下記をクリックすると、恋愛・夫婦関係のブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへにほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ


人気ブログランキングを見るには、こちらで選んでください!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログ王人気ブログランキング 


<こちらでは愛の深まる本を紹介しています>

夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

27.【論理と直感】

2008年05月01日
一般的に

男性は、論理的思考で、理屈を好みます。
女性は、直感的思考で、総合的な雰囲気というものを重要視します。


しかし、意外と恋愛の真最中には、
男性は、感情的な情熱を、やっとかっと理性で押さえていますし、
女性は、感情的表現の中にしたたかな理性が働いていたりします。

このアンバランスな状況が、不整脈を誘発させて
恋愛感を増幅させるのです。

ああ、すばらしきこの不整脈!

(永く続くようなら・・・病院受診を!)





下記をクリックすると、恋愛・夫婦関係のブログ一覧がでます。
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへにほんブログ村 恋愛ブログへにほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ

ブログランキングを見るにはこちらで選んでください!
人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログ王人気ブログランキング 


<こちらでは愛の深まる本を紹介しています>

男と女の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。