06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

787.【本能と理性】

2012年10月11日
男の(さが)について、世間的によく言われることがある。
それは、雄は自分の遺伝子をばら()きたい動物であると。

それを本能と呼ぶならば、確かにそうかもしれないと、
思える節はある。

さて、そこで実際にそのような行為をするかどうかは、
その本能と、社会性で得た理性との戦いの結果である。

先日、私の昔の知り合いが離婚したと噂を聞いた。
ご主人はお医者さんで、ハンサムで優しい感じの人。
当然、よくもてる。

奥さんは、とても気さくで、明るくて、優しい。
子供は、二人いた。

相思相愛で、奥さんの初恋の相手だということで、
初恋を実らせた結婚だった。

とても仲のいい夫婦だった。

子供も成人し、子育てに区切りを付けた最近、
二人が取った道は、離婚だった。

ご主人の浮気癖がどうやらその原因とのことだった。

遺伝子をばら撒きたいという本能を抑える戦いにやぶれ
夫婦の愛を深めるよりも、恋に溺れる人生に傾いた。

医者という名誉ある職業性や、経済的な優位性は、
逆に誘惑が多い職種であると言わざるを得ない。

一般的に、お医者さんの奥さんになるということは、
玉の輿(こし)と言われ、世間にうらやましがられる立場
なのかもしれないが、人に見えない苦労があるのだと
想像して、悲しく思えてしまう。

離婚が悲しいというわけでなはい。
結婚も離婚も、より幸せな方を求めて行うのだから。
だから、離婚するなとは言わないが、
それでも、離婚に至る過程は、苦しく悲しいものだと思う。

結婚は本能の一部、浮気も本能の一部だとすれば
幸せは、本能をコントロールすることで、
得られるものかもしれない。

いかなる成功も家庭の失敗を償うことはできない。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
スポンサーサイト
夫婦の法則 | コメント(3) | トラックバック(0)

771.【サボテンの花】

2012年04月16日
第768話でも取り上げた「サボテンの花」
この歌を最近ラジオで聞いていて考えたことがある。

歌詞の一部にこのようにある。
「ほんの小さな出来事に 愛は傷ついて
君は部屋をとびだした 真冬の空の下に
編みかけていた手袋と 洗いかけの洗濯物
シャボンの泡がゆれていた 君の香りもゆれてた
絶え間なく降り注ぐ この雪のように
君を愛せばよかった・・・」

若いカップルの別れの内容だと思うが、
なぜだか歌詞の内容とは違う想いが浮かんだ。

人生の半ばも過ぎた夫婦にとって、
やがてだれにも訪れる、突然の別れがある。
それこそ、編みかけていた手袋や
洗いかけの洗濯物を残して、
あっという間に、天に帰る日が来たりする。
そう思うと、妙に伴侶が愛おしくなる。

絶え間なく降り注ぐ雪のように、
もっと愛さなければいけない気がする。
でないと、この歌のように、後悔先に立たず
「君を愛せばよかった・・」と感じるかもしれない。

もちろん、天に帰るのは自分の方かもしれないので、
状況はどちらにもあてはまる。

平均寿命まであと30年も無いので、
その間に、たくさんの素敵な想い出を
一緒に作りたいという思いを抱いた。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

770.【笑い】

2012年04月14日
家庭に笑いは、重要な要素だと思う。
笑いのある家庭は、明るくていい。

笑いは、心にストレスがあるときは、生まれにくい。
ひねくれた考えを持つと生まれにくい。
悲観的になると生まれにくい。

もし、笑えるなら、まだ心に余裕がある証拠。
大丈夫の印。

笑える段階から、さらに笑わす段階へと登ろう。
どうすれば、笑うだろう?と考える。

毎度、ばからしいと思いつつも、
つい見てしまう。

ダウンタウンの笑ってはいけないシリーズ。

人を笑わそうとして、自分がつい笑って罰を受ける。

人を笑わそうとしている人が、実は一番楽しい。

いつも笑っていられる関係が、ベストだと思う。




最近、面白い沖縄芸人が、ベンビーさん。
下記に紹介。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

769.【コミュニケーション】

2012年04月12日
前回でも述べたけど、
結婚生活で、最も大切なこととは、
コミュニケーションをとるということだ。

コミュニケーションって、話すことだけじゃない。
コミュニケーションの形は、様々。

恋人同士が見つめ合うことも、
夫婦のあうんの呼吸も、
一緒に過ごす沈黙の一時だって、
りっぱなコミュニケーションだ。

「なら、簡単じゃないか」と
思った男達が、失敗したりする。

コミュニケーションは、男の満足ではなく、
女性の満足が得られて善しとされる。

男は、一緒に生活しながら、沈黙していても
何も考えず、生活を続けることが可能だ。

でも、女性は違う。
会話か沈黙かということじゃなく、
お互いの心が通い合っているという確認が
心の中で得られているかどうかということだ。

その確認作業が、コミュニケーションということだ。

男にとっては、気を遣う必要がある。

当たり前を、当たり前に扱ってはいけない。
言葉や、態度で、表わすと、それが相手の喜びとなり、
巡り巡って、自分の喜びとなる。

愛し続けるということは、
気を遣い続けるということ、
関心を示し続けるということ。

他人に気を遣うのではない、
身内だからこそ、
幸せな思いをさせてやりたいと気を遣うのだ。

気を遣わなくて済む時は、人生を終えたとき。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

768.【ほんの小さな出来事】

2012年04月09日
ほんの小さな出来事も積もり積もれば山となる。
小さなチリでさえ、毎日積もれば、
部屋はチリで埋もれてしまう。

快適に過ごすには、日々その小さなチリや、
出来事を処理して行かなければならない。

でも、問題なのは、
そのチリや出来事を誰が片づけるかということではない。
そのチリや出来事にに対して、
全く見向きもしなかった態度が問題なのである。

愛の反対はよく無関心と言われるが、
ということは、
愛とは関心を示すことだとも捉えられる。

ほんの小さな出来事でも、
相手にとって大事なものかもしれない。
かと言って、
すべての小さな出来事に関心を示すことなどできない。

そこで、必要になるのは、
普段からのコミュニケーションということになる。

コミュニケーションこそが、夫婦の絆だと言える。



関連記事;http://nabeteru.seesaa.net/article/135735587.html







JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。