07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

792.【「きっかけ」を探せ】

2016年10月28日
何か行動を起こすとき、「きっかけ」って大事ですよね。

というか、「きっかけ」があって行動を始めたりするんですよね。

でも、「きっかけ」ってよほど強くないと、

ひとつだけじゃ行動まで起こせない場合が多いですね。

英語学びたいと思っていても、

日本国内にいては、なかなか身につかないので、

留学をきっかけにして、学習しなければならない自分を演出したりしますよね。

たとえば、エンジンを始動する場合、

ガソリンの混ざった空気という動機があっても、、

でもそれだけじゃだめで、

その空気を圧縮して、

そこに、プラグが火花を点火して、

ガソリンが爆発し、エンジンがかかるんです。

動機があって、そこにいくつかの「きっかけ」を探し、

それを起爆剤にして、次の行動を起こす。

そんな風に、生きているのかな人間て。

もちろん、すべてではないけど。



スポンサーサイト
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

791.【朝の思い】

2015年04月27日

一日の初めに、
ただ漫然と「朝が来た」と始めるのではなく、
「新しい朝が与えられた」と考えてみよう。

再出発のための新しい1日が与えられたのだ。
昨日までのすべてが、もう過去でしかない。

今から始める一日こそが、自分の未来を形作る。
そう捉えると、何だか少し可能性を感じないだろうか?

以前にも、書いたと思うが、
この言葉は、いいと思う(何かで聞いた)。

「今日という一日は、残された人生の第一日目である。」





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(1) | トラックバック(0)

久しぶり

2015年04月23日
まる2年、ほったらかしのブログでした。
本日、2年ぶりに、自分のブログを開けてみました。
誰に言っているわけでもなく、誰も期待してないとは思いますが、
自分の分身のような、このブログに
近々また、記事をアップして行こうと思います。
2年前より成長したんだろうか????と思いつつ。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

790.【探し物の盲点】

2012年12月01日
部屋の中にあるはずの物が、
どんなに探しても見つからない。

そんなときに、大抵、次のステップとして考えることは、
この部屋以外の場所を探していくことである。

しかし、そこにこそ盲点がある。

「どんなに探しても」という意識、
それが盲点である。

実は、思い込みの意識の中で、
探されてない場所が存在するのだ。

あるはずの物が無いということは、
あるべき場所に無いということ。
あるだろうと思われる場所に無いということ。

だとすれば、
あるべき場所じゃない場所、
あるだろうと思われる場所以外にあるのだ。

「なーんだ!こんな所にあったのか!」
それが、探し物が見つかったときの言葉だったりする。
そんなことがよく繰り返されている。

心の先入観を捨てて、ゼロから徹底的に調べるつもりで、
ゆっくり探して行くと、見つかりやすい。

「急がば回れ」は、行動よりも
心の状態のことを言っているのだろうと思う。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(11) | トラックバック(0)

789.【悩みと成長】

2012年10月22日
アンジェラ・アキの歌を聞いていて、
感動に満たされた。

人は誰しも、多少なり悩みがあり、
その悩みを抱えて生きている。

私は、大人になるということを定義づけるために、
「成長するとは、悩みの質の変化である」と考えた。

今抱えている悩みを解決させると、少し成長する。
しかし、また次の次元の悩みが湧き起こる。

人は、それを繰り返して大人になっていく。

小さい頃、おもちゃが欲しくて駄々をこねて泣いた自分は、
今、何を求めているのだろう?

求めるものが、はっきりしているのは、
むしろ幸せなことでもある。

それは、目標となり、夢となる。

大人になった今、
駄々をこねるほど欲しいものを見つけることは、
とても大切なんだと思う。










JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(2) | トラックバック(1)

788.【ピンチ】

2012年10月13日
日常生活をしている中で、
人はときどきピンチに遭遇する。

大体が、緊急事態でもある。

そんなときに、多少パニックに、
いや大いに取りみだしたりすることもある。

でも、最終的には、簡単に言ってしまえば、
「なるようになる!」としか言えない。

いや、たまには「なるようにもならない」場合もあるかも

とりあえず、「なるようになる」ために、
しなければならないことがあると思う。

それは、
今できる最大限の努力を惜しまずするということ。

そうした行動の後で、「運を天に任す」という覚悟もする。

そうして、初めて「なるようになるさー」と言える。

沖縄の方言では、「なんくるないさー!」と言う。

物事は、なるようになるものかもしれないけれど、
なるようになるための、そしてならせるための
少なからずの努力があるのだと思う。

でも、時には、あえて何もしないという
静観という努力も有り得る。

ピンチを切り抜けるか、受け止めるか。
覚悟を決めて取り組むしかない。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(1) | トラックバック(1)

787.【本能と理性】

2012年10月11日
男の(さが)について、世間的によく言われることがある。
それは、雄は自分の遺伝子をばら()きたい動物であると。

それを本能と呼ぶならば、確かにそうかもしれないと、
思える節はある。

さて、そこで実際にそのような行為をするかどうかは、
その本能と、社会性で得た理性との戦いの結果である。

先日、私の昔の知り合いが離婚したと噂を聞いた。
ご主人はお医者さんで、ハンサムで優しい感じの人。
当然、よくもてる。

奥さんは、とても気さくで、明るくて、優しい。
子供は、二人いた。

相思相愛で、奥さんの初恋の相手だということで、
初恋を実らせた結婚だった。

とても仲のいい夫婦だった。

子供も成人し、子育てに区切りを付けた最近、
二人が取った道は、離婚だった。

ご主人の浮気癖がどうやらその原因とのことだった。

遺伝子をばら撒きたいという本能を抑える戦いにやぶれ
夫婦の愛を深めるよりも、恋に溺れる人生に傾いた。

医者という名誉ある職業性や、経済的な優位性は、
逆に誘惑が多い職種であると言わざるを得ない。

一般的に、お医者さんの奥さんになるということは、
玉の輿(こし)と言われ、世間にうらやましがられる立場
なのかもしれないが、人に見えない苦労があるのだと
想像して、悲しく思えてしまう。

離婚が悲しいというわけでなはい。
結婚も離婚も、より幸せな方を求めて行うのだから。
だから、離婚するなとは言わないが、
それでも、離婚に至る過程は、苦しく悲しいものだと思う。

結婚は本能の一部、浮気も本能の一部だとすれば
幸せは、本能をコントロールすることで、
得られるものかもしれない。

いかなる成功も家庭の失敗を償うことはできない。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
夫婦の法則 | コメント(3) | トラックバック(0)

786.【逆境】

2012年09月21日
人は、逆境や苦境に立たされると、
その運命を呪ったり、愚痴っぽくなったりする。

「何故???? どうして???」という言葉が、
頭の中を駆け巡り、出口のない思考停止状態に陥る。

一旦、苦難が目の前に横たわったなら、
避けられない状態なら、
もう、それを受け入れる体制を早く整える方が、
解決へ向けての出口をより早く見いだせるかもしれない。

初めの段階は、その状態について
「拒否反応」がある。
しかし、最終的に「受容」という段階に至り、
そこに至って、精神が安定を取り戻す。

受容されるまでは、精神的に苦しい時期を過ごすことになる。

もし、
より早く「受容」という段階に至ることができれば、
苦しみを少しでも軽くすることができると思う。

そのために、普段から死生観をしっかり持つこと、
自分の哲学や宗教をより堅固なものにしておくことが必要だと思う。

人は、逆境からも学ぶことができる。
「何故?どうして?」という疑問を持つよりも、

「このことから、何が学べるのか」
「今後、どういう行動をし、どういう態度をとるのか」
そのような思考体制を持てればいい。

例えば、死を宣告されたとしたら、
「このことから、何が学べるか?」という問いに
「今さら学んでもどうせ死ぬのだ」と諦めの境地に陥るかもしれない。

だからこそ、死生観を持つ必要がある。
例えば宗教では、死んだ後まで続くような人生観を持つことができる。

私は、クリスチャンだが、自分の弱さを知っている。
だからその弱さを主に(ゆだ)ねることで、
神の力により、強くなることができる。

宗教は、慰めであり、湧き上がる力でもある。

宗教が無いのなら、
せめて自分の信じる哲学を極めることが必要だと思う。

どんな人でもいつかは逆境や苦難に遭遇する。
その備えは万全だろうか?


参考ブログ紹介;http://labellavitaet.blog40.fc2.com/blog-entry-1323.html




JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(14) | トラックバック(0)

785.【時とボード】

2012年09月19日
時は、ただひたすら流れ続ける。
人が、進もうが、後退しようが、止まろうが
全く関係ない。

我々は、
まるで時という波間でボードに乗っかってるようだ。

波に乗るやつもいれば、ひたすら()いでいる人もいる。
そして、ただ(ただよ)うだけの人もいる。

さて、自分は、今どういう行動をしているのだろう?

いい波に乗ろうとしても、いい波はとうに過ぎちゃったし。
これからまた、ひたすらいい波を待つのも辛い。

人のボードを(うらや)ましがっても、チェンジできるわけじゃないし。

ときどき、手で漕ぎ、足で漕ぎ、波間にゆれて釣りをしたり、
今、このボードの上で何ができるのかを考えてみよう。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

784.【出逢えたか?】

2012年08月27日
中島みゆきさんの、「糸」という歌がある。
その歌の最後に、このような歌詞がある。

「縦の糸はあなた 横の糸は私
 逢うべき糸に 出逢えることを
 人は 仕合せと呼びます」

本当にそうだな~、と思う。
出逢うべき人とは、誰のことだろう。

それは、自分というものを再確認させてくれる人だったり、
自分のゆくべき道を暗示してくれる人だったり、
いろいろな気付きを与えてくれる人だったりする。

しかし、本当のところ、
それは、きっかけに過ぎない。

自分の人生は、他人任せではないのだから。
自分を再確認するのも、いろいろと気付くのも、
実は、自分自身の責任でしかない。

それでも、やはり、
そのきっかけを与えてくれる人という者がいる。

そのような人に出逢えたら、
やはり、仕合せなことだと思う。








JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

783.【浅い愛】

2012年08月08日
浅い愛は、不安定であるがために、
安定を図るため、それを形や物に求める傾向がある。

目に見えない愛情を形に代えて、
心の安定を図ろうとするつもりなのかもしれない。

たとえば、ある恋人同士は、
「私たちの愛は、本物よね!」
と言いつつ、それを形で示そうと、
二人で誓いの刺青(タトゥー)を入れたりする。

しかし、
形に示そうとする愛自体が、未熟で不安定なために、
大抵は別れる結末となる。

永遠だったはずの愛の形(刺青)だけが、
悲しげに傷跡として残ることになる。


(旧約聖書;サムエル記上4章より)
旧約の民、古代イスラエルの民は、
信仰の象徴であるはずの主の「契約の箱」を、
ただのお守り的に、形だけの信仰で戦いの場に登場させた。

信仰さえあれば、契約の箱があれば、
無敵で、戦いに勝利を治めてきたが、
信仰の無い状態では、契約の箱さえ、無意味だった。

形は、内面に取って変わるものではない。
愛や信仰を、形や物で表わすことはあっても、
形や物が、愛や信仰に代わるわけではない。

浅い愛、浅い信仰は、
とかく形や物にそれを求める傾向がある。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

782.【ショーシャンクの空に】

2012年07月30日
先日、友人の勧めもあって、前々から見たかった映画
「ショーシャンクの空に」を見た。

なかなかいい映画、気持ちがスカーッとした~。

長い苦労が報われると、なんともいい気持ちを感じる。

人は、報われると幸福感が生まれるんだと思った。


じゃー、その逆で、報われないとどうなるのだろう?

現実社会では、報われないことが多いのかもしれないし。

でも、たとえそうだとしても、
報いを信じて日々を生きるということも
人生に充実感を与え得ると思う。

たとえ道半ばで果てようとも。

また、心の捉え方で、報いの意味も違うのかもしれない。
同じような結果であっても
満足して報いを感じる人もおれば、
一向に報われない想いを抱く人もいる。

幸せは、己の心の捉え方でも変わる。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

781.【門の先】

2012年07月25日
門は入り口、あるいは出口。
それは、生活における何がしかの変化を意味する。

門をくぐると、決意あるものは、
良い変化を自分に招くために努力する。
怠けると、逆に悪い方向に変化する。

人は、流れる川で生きている魚のようなもの。
流れに向かって泳ぎ続けてはじめて、
現状を維持したり、進んだりできる。

泳ぐことをストップすると、
現状はストップしない、下流に流されていくのみ、
死んだ魚がそうであるように。

死んだ魚の目で生きていくのは、避けたいものだ。

新鮮な時の流れの向こうに、
常に泳いで行こう。

勇気を持って、泳いで行こう。
そこには、いつも門が待っている。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(2) | トラックバック(0)

780.【いつも何度でも】

2012年07月05日
今さらながら、「千と千尋の神隠し」の主題歌の
「いつも何度でも」の歌が素晴らしい。

曲もそうだが、なんと言っても歌詞がいい。

特に、2番の歌詞がとても心地よい。


「いつも何度でも」(2番)

呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも何度でも 夢を描こう

かなしみの数を 言い尽くすより
同じくちびるで そっとうたおう

閉じていく思い出の そのなかにいつも
忘れたくない ささやきを聞く
こなごなに砕かれた 鏡の上にも
新しい景色が 映される

はじまりの朝の 静かな窓
ゼロになるからだ 充たされてゆけ

海の彼方には もう探さない
輝くものは いつもここに
わたしのなかに みつけられたから



ゼロというものが、
起点を表わすのか、終点をあらわすのか、
ただ、いずれにせよ、
ゼロは、無ではないような感じがする。

心が故郷に戻って行くような感覚がある。

故郷は、起点であり終点でもあるように思う。

人が帰って行く場所、それがゼロなのかもしれない。



ナターシャさんの歌う「いつも何度でも」





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(4) | トラックバック(0)

779.【状況か、対応か】

2012年07月04日
人の置かれている状況や環境は様々だ。

裕福な人もいれば、貧乏な人もおり、
健康な人もいれば、病弱な人もいる。

仕事に失敗した人もいれば、大成功に至った人、
絶望している人もいれば、希望に満ちた人もいる。

とにかく人は各々様々な異なる状況下にある。

ただ言える事は、
似たような状況下にあったとしても、
その捉え方も行動も人それぞれだということ。

大切なのは、状況というよりも、
それにどうやって対応していくのかということ。

自分の周りの状況、
目の前の状況、
それにどうやって対応していくのか、
決めるのは、自分でしかない。

自分の人生の責任は、自分にあるのだから。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(1) | トラックバック(0)

778.【論理に溺れる】

2012年06月29日
論理的思考を育成するために、
海外では、ディベートという討論会が行われるという。

その方法は、あるテーマについて
肯定派と否定派に分かれ、
相手の議論を退け、自分の正当性をアピールする。
議論を戦わせた後、審判員が。どちらがより論理的に
勝っていたのかを判定する。

意見を論理的に発言するという方法論として、
それは有効な手法かもしれない。

このディベートを行う時、
自分がどの意見を持っているのかは、考慮されない。
時には、自分の意見とは、正反対側の意見側として論じたりしなければならない。

そいうことを考えてみると、
ある意見は、論理的だから正しいというわけではない。
また、人も、論理的に正しいから信用するわけでもない。

好き嫌いや、気分や、感情は、
論理的思考を駆使しても、それと完全に一致するわけでもない。

どのような意見にも、論理的な反対論があり、
論理的な賛成論もあったりする。

人がどう考え、何を選ぶのかは、
論理的というわけでもなさそうである。

どんなに論理的に説明したところで、
それを受け入れるかどうかは、その人次第である。
もちろん、論じることも大切なことだが、
論じることだけに溺れてもいけない。

論理の外にある深層心理みたいなものも、
個人の意見には影響があるということだ。

それが、何なのかは深層だから
簡単にはわからないけれども。

人には、論理的な思考以外のものがある。

討論を重ねて白熱しても、
どちらも信念が揺るがなかったりする。

「自分が論理的に正しい」と確信している事柄でも、
実は、論理的だから正しいと思っているのではなくて、
そう信じているから、論理的にそれを説明しているだけなのかもしれない。

人が何を信じるのかは、論理的ではなかったりする。

例えば、信仰がそうである。
信者は、神がいることを論理的に説明するだろう。
一方で、無神論者も神がいないことを論理的に説明するだろう。

でも、結局信じるか信じないかは、
論理的だからということで決めているわけでもない。

心の決定権は、論理ではないのかもしれない。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(7) | トラックバック(0)

777.【大人】

2012年06月22日
大きい人と書いて、大人(おとな)という字になる。
大人とは、何かが大きい人のこと。

何が大きいのかを考えてみた。

(あえ)て、大きいという言葉を使うと、
身体が大きい、年齢も大きい、経験値が大きい、
態度も大きい、権力も大きい、経済力も大きい、
責任が大きい、などなど・・・

もちろん当てはまる人も、あてはまらない人もいるけど、
概ねそんな感じかもしれない。

「大人になれよ」
なんていう言葉をドラマなどで聞くとき、
悪い意味で、ずるがしこい人や
裏も表もある世間慣れした大人をイメージする。

そういう意味で大人という言葉を使いたくない。
だから、ちゃんとした大人をイメージしたい。

私が考える大人というのは、
「心」が大きい人のことだ。

心が大きいということは、キャパシティーが大きいということ。
自分だけのことでいっぱいいっぱいな人は、心の容量は大きくない。

ということは、自分以外のことでも
それを引き受けるだけの容量を心が持っているということ。

そして、そういう人に人は頼りたくなる。
頼ったら、頼った分だけ、ちゃんと答えてくれる。
信頼という言葉がその人に贈られる。

自分のことをちゃんとやり、
それ以外のこともやってくれる奉仕の心を持った人。

そういう人を、大人と言うんじゃないだろうか。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(3) | トラックバック(0)

776.【潔さ2】

2012年06月12日
今日は、雨。

そんな雨模様の先日、
バイトの帰りに、バイク乗りたての娘が、
スリップして転倒してしまった。

幸いにも、何一つ怪我はない。
しかし、新品のバイクに傷が付いてしまった。

この転倒は、自業自得のスリップ事故だった。

娘は、意気消沈しながらも、
注意深く運転しながら帰途についた。

ところが、今度は左方向から急に車が左折してきて、
進路妨害したために、急ブレーキをかけ、
またまた転倒してしまった。

怪我はかすり傷程度だが、傷ついたバイクが、
さらに傷の上塗りをしてしまった。

飛び出した車は、少し前で止まり、
気にしているようだったが、

意気消沈している所に、度重なる事故で、
気が動転した娘は、その車を無視して
さっさと帰宅してしまった。

私が帰ってきた頃、やっと正気にもどった娘は、
悔し涙を流して訴えてた。

「お父さんのバイク傷つけたけど、
 2回目はその人が明らかに悪いから転倒した、
 だから、バイクの傷全部直してもらえば良かった~!」

と、だけど、初めの事故が自業自得なのに、
その人に、全部負担させるのは、正義じゃないと思った。

だから、
「それは、(いさぎよ)くないから、やめときなさい」と言った。

娘は、その言葉に納得したらしく。
笑顔になった。

大した怪我もなく、いい経験をさせてもらった。



関連記事; 第366話【潔さ】





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(3) | トラックバック(0)

775.【狩猟と収穫】

2012年06月05日
男は、狩猟(しゅりょう)そのものを喜びとし、
女は、収穫(しゅうかく)を喜びとする。


男がスポーツや趣味活動に夢中になるのも、
収穫よりも、その過程を楽しむからなのかも知れない。

そう言えば、私の趣味の釣りも、
収穫よりも、釣りそのものが大好きだと気付く。

一方、女性はと言えば、

夫;「今日は釣り楽しかった~!」
妻;「で? 収穫は?」

とあくまで収穫にこだわる。
現金なのである。

原始時代の狩猟中、男達は、動物を追っかけまわして、
そりゃ、エキサイティングで、楽しかったに違いない。

一方で女たちは、野山で果物などを収穫し、
エキサイティングではないものの、
その収穫の喜びは大きかったに違いない。

かくして、男と女の違いが刻まれたのかも。

夫;「今月は、仕事頑張った!、充実感があったぞ。」
妻;「で給与は上がるの?」

狩猟の喜びと、収穫の喜びは、必ずしも一致しない。






JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
男と女の法則 | コメント(5) | トラックバック(0)

774.【男は巣を作り、女は巣を守る。】

2012年05月14日
鳥類の世界でも、ある種の雄は巣を作って
雌に自分との結婚をアピールするという。

その巣の丈夫さをアピールするために、
わざわざ巣にぶら下がって揺さぶったりする。

雌は、丈夫な巣を見て、雄を見定める。
一度、結婚を決めると、雌はその巣の守りに入る。
すなわち、家庭を築くのである。

これは、動物だけに限ったことでもなさそうだ。

あるアンケートによると、
同棲したカップルの約80%が破局するという。

その理由として考えられる一つの理由が、
雄である男側の気持ちの変化である。

雄は、巣を作ることに全力を注ぐ、
それは、お気に入りの雌を得るためだ。

しかし、同棲生活は、すでにそれを満たしてしまっている。
男が新たに巣を作りたいと思うのは、
他所にターゲットが生まれたときだ。

つまり、同棲は、結婚そのものに興味を失わせてしまうのだ。

考えてみれば、
「同棲+責任=結婚」という公式が成立するかもしれない。

誰でも、とらなくていい責任は、とりたくないものだ。
というか、責任という言葉は重い。

そして、結婚が重いというイメージになってしまう。

世間では、失敗しないために、
予行演習として同棲するという考え方がある。

私に言わせれば、それは逆である。
同棲するから失敗する。
だから、「同棲するなら、失敗してもいいから、結婚した方がいい」
と私は思う。

同棲は、結婚の新鮮味と夢とを食いつぶしている。
結婚した時点で、もはや新婚さんではないのだ。

夢を失わせる関係はよした方がいい。
また、
責任の曖昧な関係は、恋愛関係も曖昧にする。
本当の愛には、責任が伴うものだと思う。






JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
男と女の法則 | コメント(8) | トラックバック(0)

773.【嘘はにじみ出る】

2012年04月26日
職場の前の道路は、
時間帯により、バスレーンというのが存在する。

朝は、登り、夕方は下りがバスレーンとなり、
バス・タクシー・バイク以外は通れない。

先日出勤時に、一台の車がパトカーに停められた。
バスレーン違反だった。

停められた瞬間、その運転手は、慌ててタバコを吸った。

その行為が、素人目にも怪しく映った。

当然、警察はその道のプロだ。

嘘を見抜くことが商売のようなもの。

普通のバスレーン違反なら、違反切符を切るだけだが、
その運転手は、パトカーに乗せられて
警察に連れて行かれてしまった。

その様子から、考えると、
おそらく、酒気帯び運転だったのだ。

突然、タバコをくわえる仕草をしなければ、
あるいは、違反切符だけで済んだのかもしれない。

彼は、罰金50万円と、免許停止をくらうことになる。

小さな違反が大きな痛手。

人は本来、嘘をつくことが苦手なのかもしれない。
嘘を隠そうとするから、嘘が身体からにじみ出てくるのだ。

精神衛生上、
日常生活では、嘘をつかないで済む状況が望ましい。
正直に生きれば楽かもしれない。
しかし、人間社会はそう単純でもない。

嘘とまでは、いかなくても
真実を隠さなければならないこともあるだろう。

そして、どこか身体からにじみでる冷や汗が、
精神的ストレスとなっていく。

すべての嘘が悪いというわけじゃないが、
嘘をつかなければならない環境なら、
環境ごと変える必要性があるのかもしれない。
できるだけ正直に生きるために。

正直は、正直言って、難しい。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(3) | トラックバック(0)

772.【老後?】

2012年04月21日
何故、「老後」というのだろう?

若い時代は、「青春真っただ中」という表現をし、
「青年後」とは言わない。

なら、本当は「老後」じゃなくて
「老中」と書くべきかもしれない。


前置きはさておき、「老」とは何か?

老という字は、
年寄りが腰を曲げてつえをついたさまを描いたものらしい、
からだがかたくこわばった状態を表わすという。

身体だけじゃなく、考えも硬くこわばって、
凝り固まった状態になり、
新しい物を受け入れる事ができない状態になると、
ますます老人ということになるのかもしれない。

さあ、いつから老人なのか。

それは、その人次第である。

その人にとって、青春が終わった後に
老後、いや老中がやってくるのかもしれない。

青春の「青」は、新鮮さを意味すると思う。
何かに対して、新鮮な思いをいだける間は、
まだ、青春でいられるかもしれない。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(1) | トラックバック(0)

771.【サボテンの花】

2012年04月16日
第768話でも取り上げた「サボテンの花」
この歌を最近ラジオで聞いていて考えたことがある。

歌詞の一部にこのようにある。
「ほんの小さな出来事に 愛は傷ついて
君は部屋をとびだした 真冬の空の下に
編みかけていた手袋と 洗いかけの洗濯物
シャボンの泡がゆれていた 君の香りもゆれてた
絶え間なく降り注ぐ この雪のように
君を愛せばよかった・・・」

若いカップルの別れの内容だと思うが、
なぜだか歌詞の内容とは違う想いが浮かんだ。

人生の半ばも過ぎた夫婦にとって、
やがてだれにも訪れる、突然の別れがある。
それこそ、編みかけていた手袋や
洗いかけの洗濯物を残して、
あっという間に、天に帰る日が来たりする。
そう思うと、妙に伴侶が愛おしくなる。

絶え間なく降り注ぐ雪のように、
もっと愛さなければいけない気がする。
でないと、この歌のように、後悔先に立たず
「君を愛せばよかった・・」と感じるかもしれない。

もちろん、天に帰るのは自分の方かもしれないので、
状況はどちらにもあてはまる。

平均寿命まであと30年も無いので、
その間に、たくさんの素敵な想い出を
一緒に作りたいという思いを抱いた。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

770.【笑い】

2012年04月14日
家庭に笑いは、重要な要素だと思う。
笑いのある家庭は、明るくていい。

笑いは、心にストレスがあるときは、生まれにくい。
ひねくれた考えを持つと生まれにくい。
悲観的になると生まれにくい。

もし、笑えるなら、まだ心に余裕がある証拠。
大丈夫の印。

笑える段階から、さらに笑わす段階へと登ろう。
どうすれば、笑うだろう?と考える。

毎度、ばからしいと思いつつも、
つい見てしまう。

ダウンタウンの笑ってはいけないシリーズ。

人を笑わそうとして、自分がつい笑って罰を受ける。

人を笑わそうとしている人が、実は一番楽しい。

いつも笑っていられる関係が、ベストだと思う。




最近、面白い沖縄芸人が、ベンビーさん。
下記に紹介。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

769.【コミュニケーション】

2012年04月12日
前回でも述べたけど、
結婚生活で、最も大切なこととは、
コミュニケーションをとるということだ。

コミュニケーションって、話すことだけじゃない。
コミュニケーションの形は、様々。

恋人同士が見つめ合うことも、
夫婦のあうんの呼吸も、
一緒に過ごす沈黙の一時だって、
りっぱなコミュニケーションだ。

「なら、簡単じゃないか」と
思った男達が、失敗したりする。

コミュニケーションは、男の満足ではなく、
女性の満足が得られて善しとされる。

男は、一緒に生活しながら、沈黙していても
何も考えず、生活を続けることが可能だ。

でも、女性は違う。
会話か沈黙かということじゃなく、
お互いの心が通い合っているという確認が
心の中で得られているかどうかということだ。

その確認作業が、コミュニケーションということだ。

男にとっては、気を遣う必要がある。

当たり前を、当たり前に扱ってはいけない。
言葉や、態度で、表わすと、それが相手の喜びとなり、
巡り巡って、自分の喜びとなる。

愛し続けるということは、
気を遣い続けるということ、
関心を示し続けるということ。

他人に気を遣うのではない、
身内だからこそ、
幸せな思いをさせてやりたいと気を遣うのだ。

気を遣わなくて済む時は、人生を終えたとき。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

768.【ほんの小さな出来事】

2012年04月09日
ほんの小さな出来事も積もり積もれば山となる。
小さなチリでさえ、毎日積もれば、
部屋はチリで埋もれてしまう。

快適に過ごすには、日々その小さなチリや、
出来事を処理して行かなければならない。

でも、問題なのは、
そのチリや出来事を誰が片づけるかということではない。
そのチリや出来事にに対して、
全く見向きもしなかった態度が問題なのである。

愛の反対はよく無関心と言われるが、
ということは、
愛とは関心を示すことだとも捉えられる。

ほんの小さな出来事でも、
相手にとって大事なものかもしれない。
かと言って、
すべての小さな出来事に関心を示すことなどできない。

そこで、必要になるのは、
普段からのコミュニケーションということになる。

コミュニケーションこそが、夫婦の絆だと言える。



関連記事;http://nabeteru.seesaa.net/article/135735587.html







JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

767.【人柄】

2012年04月03日
人が人を好きになり、恋に落ちるときに、
何がその人を惹きつけたのだろう?

優しさや、容姿、快活さ、
恋が深まるきっかけは、いろいろあると思うが、
最終的に、その人柄に惚れるというのが、
一番いい恋愛になると思う。

人柄は、その人からにじみ出るもので、
価値観が影響していると言える。

そして、人柄は、簡単には変化しない。

お酒を飲んで人柄が変わる場合も、
まるで価値観ごと豹変するようなら、
普段が猫を被っているのかもしれない。

人の価値観こそ、その人らしさが一番現れる。

人柄を見抜くことができればいいが、
なかなか難しいかもしれない。

人を観察する力が必要かもしれない。

そして、自分はどうよ?
って、自分の価値観を磨くことも忘れてはならない。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
男と女の法則 | コメント(1) | トラックバック(0)

766.【振り子】

2012年04月02日
お笑い芸人の鉄拳さんが描いた「振り子」が話題だ。

見てみると、ある男女の出会いから一生を描いている。

人生は、確かに山あり谷あり、
しかし、夫婦愛の真髄に気付いたら
できることが見えてくるかもしれない。

悲しいかな、それに気付くのに人生のほとんどを使ってしまうこともよく聞くこと。

谷にるときは、遥か彼方が見えず、
山にいるときは、浮かれ過ぎて足元が危ないのかもしれない。

愛する者を守りぬき、
人生の最後まで愛し続けることができれば、
もっと、心の深いところからの喜びが味わえるかもしれない。










JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
夫婦の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

765.【近くの宝、遠くの宝】

2012年03月23日
二者択一の条件下で、
目の前の千円と遠くの一万円では、
どちらを拾いに行くだろう?

当然、「一万円!」と答える場合もあれば、
「面倒だから千円」と答える場合もあるだろう。

価値の違いがはっきりしていれば、
つまり、得られる代価が明白ならば、
それが得られるまでの道のりが、
大きなキーポイントになると思う。

ダイエットや、筋肉トレーニング、
あるいは、あらゆる勉強なども、
その道のりの壁により、
安易な、目の前の誘惑に負けてしまう。

目の前の宝は、簡単に手に入るし、
確実に手に入る。

一方で、遠くの宝は、
何がしかの努力が払われなければ、得られない。

目の前の宝に手を出さず、
「待て!」の状態を維持し、
遠くの宝を手にするためには、

目先が大事だと思う。
近くに目が行けば、近くの宝がある。

しかし、遠くの宝は、目の前にないので、よく見えない。

遠くの宝を良く見るために、
双眼鏡を手にして、よーく注意して注視しなければ、
すぐに見失ってしまう。

それが、遠ければ遠くにあるほど、見失い安い。

双眼鏡を手に、未来を見つめて、
努力を楽しめるようになるといいのかもしれない。

スマップがやっている携帯のCMの台詞のように。
「努力って楽しい!」


長いこと、更新を休んでしまった。
いろいろと小忙しい。って気持ちの問題なんだけど・・ね。




JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)

764.【下肢筋力低下】

2012年03月02日
身体の衰えは、下肢筋力(かしきんりょく)から始まるらしい。
寝たきりになるのも、
結局は下肢筋力の衰えが大きな原因となる。

一方で寝たきりになっても手は動く場合が多いので、
上肢の衰えは比較的ゆるやかなのかもしれない。

下肢筋力が衰えると、一番制限されるのが、
「移動」である。
人は移動しなくなると、日常生活に活気が出てこない。
経済活動だって、移動が果たす役割が大きい。

移動しなくなると、閉じこもり傾向となる。
社会活動も衰え、脳の活動も衰えていく。

筋力が、結局は脳にも影響を与えていくということだ。

「脳は筋肉でできている」
という表現も、当らずとも遠からずである。

さて、
福祉関係の仕事上、
「下肢筋力低下」という表現を良く使う。
職場のパソコンで、
「かしきんりょくていか」と変換すると、

「貸金力低下」とよく出たりする。

「確かに、下肢筋力が低下して、
 経済活動ができなくなると、
 友人に貸す金も無く、貸金力低下状態に(おちい)るなー。」

と連想的妄想をしたりする。

お金は、頭と手と足とで稼ぐものかも。
頭だけじゃなく、ちゃんと身体も鍛えないといけない。
そう思った次第であります。





JWordクリック募金

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ  にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
 人気ブログランキング blogram投票ボタン
(ランキングに参加しています。応援よろしくです。)

〔紹介コーナー〕

□ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

□ ここをクリックすると愛の深まる本の一覧がでます。

□ テンションを上げる本の紹介
□ 心に優しい本の紹介

i-mobile
人生の法則 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。